のぼるきょじん

いわをのぼるひと。

GWとか

もはやいつの話だよって感じではあるものの、

GWあたりに登った時の話を記録しておこう。

 

GW前半(たぶん4月末)におがちゃんと2人で瑞牆へ行ってきた。

割と暑くてヒイコラ言いながらクリムゾンフレイムまで上がる。

汗だく。

 

f:id:yaaatch:20190614012406j:image

関西方面で有名なSFT御一行に混ぜてもらいクリムゾン初触り。

ムーブ全然解決出来ず。

暑かったからということにしておく。

 

午後から永遠の宿題スラッシュフェイスとバトル。

そしたら、はじめてガストンランジが止まった。

(バラしでだけど)

 

f:id:yaaatch:20190614012403j:image

 

結局指皮死んで繋げられなかったけど、

かなり嬉しい。

完登への芽が出てきた感じ。

 

バタフライエフェクトをチラ見して帰宅。

 

 

 

GW後半ふたたび信州へ。

あいちゃんと一泊二日で、初日は小川山。

 

VS two monks

始めてマントルまで突入したものの、

リップヌルヌルで爆死した。

f:id:yaaatch:20190614012920j:image

 

涼しくなったらまたやろうかな。

この日もやや暑く、涼を求めて石楠花へ。

 

あいちゃんが忘却の果てを登っていた。

なんか最近強いんだが。
f:id:yaaatch:20190614012917j:image

 

自分は幻の光をバラしたところで雨に降られて撤収。

 

 

翌日は瑞牆でリードデイ。

リードひさびさ。

朝一は不動沢へ行き、あいちゃんが宿題にしていた百獣の王にトライ。

あいちゃんはアップなしの1便目でRP。

スゴいんですけど。

 

自分はパンプ地獄でテンション掛けまくり。

死んだ。

 

そもそもリード全然やってないし、

岩冷たいし、朝で眠いし、

ルート長いし、もうとにかく良いことなし 笑

f:id:yaaatch:20190614013319j:image

ボルダラーには長い。

保科さんがいた。

 

 

そのあとはカサメリへ移動していろいろ触る。

十手もち悪すぎじゃないですかね?

抜けるので精一杯。

グルーホールドがちょっと汚い。

 

 

ナイトディジーダンスを見に行ったら、ベーキャンの大木くんがトライ中だった。
f:id:yaaatch:20190614013309j:image

 

もちろん余裕のRP。

安定感ありまくり。

百獣の王のボコられたせいで元気なくなって自分はこの日はトライせず。

 

 

漁師の娘をリピートして終了。

あいちゃんも何便か出して無事に登れてた。

 

 


f:id:yaaatch:20190614013321j:image
f:id:yaaatch:20190614013312j:image

大した成果はなかったけど、気持ちの良い1日だった。

更新が滞ってました。

暑かった5月もおしまいですね。

 

f:id:yaaatch:20190531234446j:image
f:id:yaaatch:20190531235548j:image

よーたん、あいちゃんと瑞牆へ行ったのは4月の後半だったかな。

この日は暑い1日で、朝一皇帝岩でアップをして昼間はひたすら昼寝をして過ごした。

よーたんとあいちゃんはエレスアクベをトライしていたが、キーホールドが欠けて難しくなっていたらしい。

 

暑くて暑くて本当に暑かった。

 

夕方(確か16時頃)からのらりくらり登り始めて、狙いの「夜」へ。

去年秋に固めていたムーブを思い出しながら高度を上げていく。

 

何度やっても立ち込みからの3手目は難しい。

相変わらずスタンスはポロポロ欠ける感じがした。

 

去年結局出来ずに雪に閉ざされてしまった上部の1手。

少しだけ足の運びを工夫したらスッと出来た。

そして、必死こいて岩の上へ。


f:id:yaaatch:20190531234449j:image

 

スマートでは無かったけど、

岩の上に立てればそれで良い。

またひとつ嬉しい一本。

夜が登れました。


f:id:yaaatch:20190531234443j:image

大ハング

あっという間に4月も半ば。

 

 

引越しをして住まいが割と近くなったヒロポンとSSKへ。

2年ぶりとかかな。

 

 

早朝は快適だったものの8時を過ぎたら夏に…

今日も暑いのか…

 

f:id:yaaatch:20190503013709j:image

シャークティースなる初段。

割とガバガバなクラックを左上してバランスの悪いマントルを返す。

リップに出るところのムーブが地味悪だった。

 

 

汗だくになりながらエリア上部へ移動したら、宮下さんがいた。

中々楽しそうなラインを探っておった。

 

自分らは、触ったことのなかったSSKジャンプ。

シンプルにランジするだけの三段。

今にも止まりそうというのを5万回くらい繰り返して敗退した。

指皮死んだ。

 

アップも済んだということで(え?)、お目当ての大ハング。

久しぶりに対面したこの岩は、相変わらず格好良かった。

 

140度近い前傾壁、

掛かり良いホールドでの距離出し、

少し緊張感のあるマントル

 

f:id:yaaatch:20190503014625j:image

 

成長を感じられる登りが出来て嬉しい。

コツコツと積み重ねてきた事を形に出来た瞬間はいつだって最高に気持ち良い。

 

 

次のその瞬間に向けてまた頑張ろう。

1ヶ月半ぶり

に岩へ。

ひとりでふらっと小川山。

 

前日休みだったのであいちゃんと印西で登り、9時就寝。

早起きして6時に廻り目平イン。

 

なかなかの冷え込みでgood。

 

 

f:id:yaaatch:20190421095822j:image

進展無し!

9時を回ったら死ぬほど暑くなってきた。

春どこ行った…

 

 

 

昼寝したり登ったり

昼寝したり登ったり

指裂けたり

 

 

 

 

午後はtwo monksへ。

NEW BETA発明。

(右手出し)
f:id:yaaatch:20190421095818j:image

 

はじめてリップ止めれた。

めちゃくちゃヌメって落ちたけど…

 

次回登れそうです。

小川山

に久し振りに行きました。

 

先に現地入りしていたいくちゃんのインスタを見たら中々の積雪。

廻り目平に入る直前の坂道は雪に覆われていて(時々アイスバーン)スタッドレスタイヤ不可避。

 

今年はスタッドレスに履き替えて無いので、

急遽あいちゃんの実家に寄って車を借りた。

 

緊急ミッション発生!

「13年ぶりのマニュアル車

 

交差点で止まる度にエンストしまくりました。

そして雪道での坂道発進でパニクった。

 

何とか廻り目平に到着。

 

 


f:id:yaaatch:20190322124652j:image

綺麗ですね〜。

割とぽかぽかだった。

 

 

アップにと思って寄った石の魂の岩は染み出しでハードモードになっていたので、ちょこっと触って移動。

 

その後は夕方までひたすら伴奏者。

 

f:id:yaaatch:20190322124853j:image

 

何となく立ち方が分かってきたような気もする。

春シーズンは中々登りに行けなそうではあるものの、何とか時間作ってトライしに来たい。

 

 

f:id:yaaatch:20190322125045j:image

タイツおじさんは今日も元気でした。

幻の光登ったらしい。

 

 


f:id:yaaatch:20190322125026j:image
f:id:yaaatch:20190322125032j:image
f:id:yaaatch:20190322125037j:image

DiLLであいちゃんバースデーをお祝い。

美味しいくて身体に優しいものを食べて、お腹が幸せ。

御前岩

奥多摩は大沢ボルダーのほど近く、

2017年に30年の時を経て再公開された岩場「御前岩」へ行ってきた。

 

ルートは半年ぶり。

そして石灰岩のスポートルートは初めてでワクワク。

 

再公開にあたって尽力されたみなさんに感謝です。

再公開の経緯や、岩場利用に関するルールはロクスノをしっかりチェック。

 

 

f:id:yaaatch:20190322010840j:image
f:id:yaaatch:20190322010846j:image
f:id:yaaatch:20190322010851j:image

 

大迫力なり。

 

エリアは平日ということもあり空いていた。

奥多摩クライマーズのひろぼーさんとはじめまして。

気さくでとても良い方だった!

遠巻きに見ると徳永さんにしか見えない。

もしくはクロちゃん。

 

 

肝心の登りはと言うと、

半年ぶりのリードということもあり速攻でヨレちぎった 笑

 

ジャガークロス6c+

ドラゴンホール6b

蒙古タンメン7a+

の3本が登れた。

ボルダーとは違う達成感ありますなあ。

 

クリップとレストが下手すぎマン。

練習しよ。

 

 

アスリーツボディとかGYAGYAが登れるようになりたい。

また登りに来よう。

 

 

 

 

 

立川のOLD NEW DINERで美味しいバーガーを頂いて〆。

f:id:yaaatch:20190322011443j:image
f:id:yaaatch:20190322011439j:image

 

スペアリブも良きでした。

愛知通いの日々④

もはや1ヶ月くらい前の話になるのだけど、

鳳来に初めて行ってきた。

 

ゴトチ、しばにぃ、コヅカさんというメンバー。

 

鳳来は映像とかで見て割と鬱蒼としているイメージだったものの、

実際に登りに行ってみたらそうでもなかった。

 

 

花夜叉があるエリアから連れてってもらう。

まずは5級くらいのラインでアップをするも、

寒くて手が悴む。

トップアウトはせず降りた。

 

 

サクサクっとグライダー(1級/初段)を登り、

花夜叉へGO。

 

期待に胸を膨らませてお触りするも、

離陸でいっぱいいっぱいだった。

みんな強くね?

 

無かったことにしてエリア移動。

 

 

 

お次はゲルニカ(二段)

中々岩がデカい。

 

f:id:yaaatch:20190301012256j:image

 

アップは済んでいるのでさっそくトライを始める。

140度くらいのフェースに掛かりの良さそうなホールドが続いている。

出だしのランジは特に問題なく、その後もポジティブなホールドでグングン登っていく。
f:id:yaaatch:20190301012252j:image

 

4トライで(たしか)登れた。

中々気持ちの良いクライミングだった。

良いライン。

 

程なくして、ゴトチもバタバタした登りで完登。

やるじゃん。

 

そしてコヅカさんはハマっていた。

出来そうで出来ないギリギリな闘いが続く。

何かこう肩に力が入り過ぎな気負った様子だった。

体力的なそろそろキツイか?っていう感じを醸し出しながらも何とか登り切っていた。

good job!

 

 

コヅカさんを待っている間に横にあるオーク(ニ/三段)触ってみたら全然出来なかった。

I'm指弱いマン…

 

コヅカさんがゲルニカ登った時には結構良い時間だったので、白道ルーフがある方を案内してもらって撤収。

 

 

 

 

この日、しばにぃはひたすら車で寝ていた。

エリアに近づくにつれ体調が悪くなり、

愛知まで来てただ寝ているだけというかなりかわいそうな1日になってしまった。

後日、検査でインフルエンザ陽性だったらしい。

 

その後僕は2週間以上体調を崩し続け、周囲の人々に迷惑を掛けまくるのであった。

愛知通いの日々③

トヨタの翌週にふたたびトヨタへ。

今回は割と久しぶりな感じがするクラッチさんと、一緒に岩に行くのは初めてのClimbheadsよねたさん、自分の3人でGo。

 

 

3人ともデカい。

おそらく平均身長180cmくらい 笑

 

よねたさんには以前クラッシュパッドを作ってもらったのです。

お洒落かつ機能的なクライミンググッズの数々を要チェック✅

Climbheads: 《 クライムヘッズ 》日本製のボルダリングマット、クライミングギアメーカー

 

ちなみに自分が作ってもらったクラッシュパッドはこちら。

https://www.instagram.com/p/Bef1nljlM3B/

@climbheads

フラップとか足拭き部分をカスタムオーダー!

細かなオーダーにもしっかり応えてくれて満足度の高い仕上がりでした。

とってもお気に入りです。

 

 

今回の豊田の目的は「琥珀」を登る事。

前回僕がトライした前日に下地整備してくれたのは、実はよねたさんだったらしい。

ありがたや。

 

豊田へ到着し琥珀に突撃!したいところだったが、前日の雨の影響で明らかにエリアはウェット。

乾き待ちでまずは日当たりの良い古美山でアップ。

 

ついに!

「一難去ってd」が登れた!笑

普通に嬉しかった〜笑

 

f:id:yaaatch:20190206115234j:image

「太っちょかえるe」は相変わらず難しかった。出来ん。

 

昼前に宮川へ移動し琥珀の状態を確認するも明らかにキーホールドが濡れてて1トライだけして断念。

ここに来てお預けはツラい。

 

以降頭の片隅に琥珀を残しつつ他の課題で遊ぶ。

 

 

乾きのいい大給へ。

狙いはもちろんコレ。

f:id:yaaatch:20190206115507j:image

 

毎年毎年ちょっと触っては諦めてた「ダイヤモンドスラブd」との戦いに終止符が打たれた。

綺麗な青空に向かって突き進めてとても気持ち良かったな。

 

スラブとの仲良し度は年々上昇中で良い感じ。

今回もキメラが良い仕事してくれたような気がする。

1年半同じの履き続けてるお陰か接地面からの情報がきっかり伝わってくるのが良くて、

踏み込みの出力が逃げる事なく安心して踏める。

多分僕はキメラ以外のシューズじゃ外のスラブ全然登れない気がするわ。

それくらい信頼できる。

 

 

春になったら不可能スラブ。

 

 

その後は大給東面で「鼎e」を登ったりして日暮れまで遊んだ。

大給はまだ触った事ない楽しそうな岩がまだまだあったからまた行かねば。

そのうちオメガングとかもやってみたいな。

 

f:id:yaaatch:20190208001939j:image

よねたさんオススメの白頭山が激ウマ過ぎてリピート決定。

泊まり豊田の時はマストで来たいお店。

 

数年ぶりに松風に宿泊。

露天風呂では気の早い桜が咲いていた。

 

 

 

 

 

2日目

りさちゃん、ナカニシさんが最近流行りの天空エリアで登るという事なので合流して案内してもらった。

ボヘミアンラプソディが格好良過ぎたわ。

豊田のポテンシャルを再認識。

 

格好いい岩どんだけあるねん。

 

「はいからさんe」をぴゃぴゃっと登って、

みんなで「岩茸e」セッション。

f:id:yaaatch:20190208002914p:image

まったくチョーク跡ないのでアレコレとムーブ出し合って登ってみる。

カンテに出てからのムーブに悩むも一番精度の高いリーチなムーブで解決した 笑

 

カニシさんが一抜けして、僕もその後登れた。

出だしのホールドシャープ過ぎて指裂けたけど…

ヘンテコなムーブで離陸しようと頑張り過ぎたなあ。失敗した。

 

上部のフレーク地帯が剥がれそうでスリリングでした。

 

 

 

午後から宮川へ。

もちろん琥珀

 

岩はしっかり乾いていた。

何度見ても格好いい。

 

早々にトライを開始した。

 

 

先週は指皮なさ過ぎて触れるもの全て敵だったしヨレヨレで全然出力出なかったんだけど、

今週は岩茸で指裂けてテーピングぐるぐる巻きになった以外は問題なし。

(指裂けるのは想定外だったけど何とかなった 笑)

とにかく突っ込むのみなのであります。

 

f:id:yaaatch:20190208145751j:image

 

数トライで撃破!

迷いなくムーブを起こせて気持ちよかった。

指皮があるって素晴らしい。

 

また一つ長年の目標課題を登れて感無量です。

 

 

マントル落ち×4でメンタルやられ気味だったよねたさんもラス1で決めて気持ちよく撤収。

良い二日間になりましたね。

 

 

 

豊田の近くに住みたい(切実に)

愛知通いの日々②

セット週間が終わり再び豊田へ。

今回はあいちゃんと2人、1泊2日で登った。

 

初日は大田東面エリアへ。

狙いは「ごりっぱf」

の、前にいつも濡れててトライさせてもらえてなかった「師走e/f」が乾いていたのでトライしてみる。

 

簡単めなaとかbのラインを2人で登って師走。

初手からまあまあハード。

左面の中継を無視して飛び出したら良い具合に登れた。

f:id:yaaatch:20190131011439j:image

 

幸先の良いスタートを切り、お目当てのごりっぱ。

過去2年毎年敗退しているやつ。

上部の掛かりの甘いクリンプを保持した状態での足上げが鬼門。

毎年そこが出来ない。

 

今年も中々足上げが出来ない。

人体構造的に股関節の動きを考えて足位置を工夫したら、スッと足が上がって上部に入れた。


f:id:yaaatch:20190131011447j:image

 

なかなか緊張感のあるスラブ面でした。

長年登りたかったラインなので嬉しい!

考え工夫する事は大事。

 

 

 

 

大田東面を後にして西山展望台エリアへ。


f:id:yaaatch:20190131011451j:image

 

「破戒e」というラインを触ってみた。

ホールドがシャープすぎて全然出来んかった。

何ならあいちゃんの方が惜しかった。

 

指皮ごっそり持ってかれた〜

多少萎えつつ戦略的撤退。

このラインはマントルがクッソ悪いらしい。

 

 

 

歌石駐車場でりさちゃん、ナカニシさんと合流して大田へ。

2人と一緒に「槍e」

上部のスラブ面に入るパートが緊張感のある感じで面白かったー。
f:id:yaaatch:20190131011456j:image

「白熊e」という名前はかわいいけど、ホールドはかわいくないラインにみんなして敗退した。

悪すぎ。

 

〆に「俊トラe」を触ったらヨレ過ぎてて普通に敗退した 笑

ここでもあいちゃんの方が惜しかった。

 

 

f:id:yaaatch:20190131013225j:image

美味しいレストランを発見。

 

 

2日目。

指の圧痛が酷すぎて何を触っても痛い…

宮川へ行くも何も握れない 笑

前日登りすぎた…….

 

あいちゃんは持ち前の粘りを発揮して「蛇の目e」を登りきっていた!

2日目でもキッチリ決めてくるあたり凄い。

 

琥珀g」の下地が整備されていたのでありがたくトライするも、指痛すぎのヨレすぎでマントル返せなかった。

f:id:yaaatch:20190131013757j:image

悔し過ぎる…….

 

 

雨が降りそうだったので早めに切り上げて、静岡でさわやかを食べて帰宅。

f:id:yaaatch:20190131013704j:image
f:id:yaaatch:20190131013709j:image

何回食べても美味しいねえ。

ちょっとだけ笠間

連勤の隙間でちょこっと笠間へ。

セットが続くタイミングだったので、指皮やられない程度にファンクライミング

 

f:id:yaaatch:20190119230217j:imagef:id:yaaatch:20190119230252j:image

 

スラブ中心にのんびり。

気温がちょうどいい〜。

 

石器人スラブど真ん中がやっと登れた。

ラインを違いをあんまり感じないのはここだけの話。

どちらも面白いのでおススメ。

 

ヒップ岩側面の1級スラブも高度感もあり登りごたえあり!

 

 

 

登りたいものは大体登ってしまったので、

ぼちぼち笠間でモチベーション上がるラインが見当たらなくなってきたなあ。

元旦豊田

あけました。

 

2019年初登りは元旦から豊田へ。

3年連続での元旦豊田、もはや定着してきた。

withゴトチ、てかりん

 

サンチョ狙いで宮川から。

アップでみたら/dを登ってから緑/e。

f:id:yaaatch:20190116120702j:image

 

えっちらほっちらムーブを組み立てて割とさっくり登れた。

初めて豊田に来た何年か前は全然出来なかったやつなので嬉しい。

抜けが悪かった…

ゴトチ、別便で合流したおがちゃんもゲット。

 

 

本命のサンチョ/f。

いつも下地が川になってて取付き困難なライン。

この日も川だったけど水量がかなり少なめだったので無理やりマット敷いてトライ!

びしょびしょ!

 

f:id:yaaatch:20190116120959j:image

リップ取りで吹っ飛びそうになったけど登れた。

逝ったかと思った。

スポットしてくれた2人に感謝。

 

超気持ちのいいラインでした!

星3つ☆☆☆

 

 

濡れた岩盤でズッコケてお尻を強打した。。

 

 

おがちゃんもサンチョをゲット。

その後むかーしみんな仲良く敗退したフライングダッチマン e/f

ひたすら飛びまくってゲット。

コツ系だった。

 

 

琥珀登るために土木作業したけど、下地作り切れず断念…

無駄に疲れただけだった。

 

 

 

夕方から大給へ。

AKIRAは今年も敗退。

ただ去年よりは二手目出しのモーションは良くなった気がする。

気長に頑張るべさ。

 

f:id:yaaatch:20190116122240j:image

ダイヤモンドスラブに敗退して撤収。

 

楽しい登り始めでした。

そして12連勤スタート。

忍者岩のチッピングに思うこと

クリスマス。

いつも通りに御岳へ向かう。

今日は蟹虫を繋げ通して良い日になるはずだった。

 

いつもと同じように車を駐車し、

いつもと同じように岩を目指して歩く。

 

ご存知の通り、いつもと同じはずの忍者返しの岩はそこには無く、

忍者岩が何者かにチッピングされていた。

 

紛れもなくホールドは変化していた。

とんでもないクリスマスプレゼントだ。

本当に冗談じゃない。

 

 

 

僕たちクライマーは謙虚でなければならない。

自然に対してもそうだし、岩を有する土地の所有者や近隣の住民に対してもそう。

近年クライマーのマナー問題が議論される事も少なくない。

 

ジムが増え、クライミング愛好者が増え、色々な価値観を持った人が現れる、岩場はキャパを越え、問題も増えている。

 

アクセス、トイレ、ゴミ、ナイトクライミング、騒音、チョーク汚れ。

誰が悪い、何が悪いという事ではないのだけど、目に余る出来事が多いのは事実。

 

自分の行動を見返した時に胸を張って自分は大丈夫と言えるかというと、そうでもないので偉そうな事は言えないのだけど。

 

どちらにせよ、一人ひとりのクライマーが少しずつ配慮し合あう必要があると思うし、

当たり前になってしまっていることを今一度考え直す必要があると思う。

 

 

 

 

 

話は戻って忍者岩のチッピング。

かなりショッキングな出来事で本当に許せない。

手が加えられ変形した岩は元には戻らないし、犯人を裁くことも出来ない。

 

何もできない。

 

 

チッピングされ人工壁と化したラインを登るのか否か。

 

チッピングの容認に繋がるからそのラインは登るべきではないという意見や、

チッピング犯に屈することになるから気にせず登るべきという意見など、

様々な意見が出ている。

 

何が正解なんだろう。

 

SNS(特にtwitter)では各々好き勝手な主張が流れているのだけど、自分が100%合っているというような意見の押し付け合いがとても見苦しい…。

 

 

自分はどうだろうか。

正直答えが見つからない。

 

登りたいけど登りたくない。

登りたくないけど登りたい。

 

 

御岳は、というか忍者岩は短いクライミング人生の中で間違いなく一番多く足を運んでいて、

本当に多くの時間とエネルギーを注いだ。

思い入れのあるラインも多いし、様々な出会いもあり、楽しい思い出も悔しい思い出も沢山ある。

 

身を削り時間をかけ育ててきた物を、突然取り上げられた様だ。

2週間近く経った今もモヤモヤしたままで、御岳に行こうという気分になれない。

 

 

蟹虫に関してはトライすれば多分登れると思う。

でも、登れてもモヤモヤするだろう。

 

 

 

 

チッピングは絶対的に許してはいけない。

みたけツーデイズ

寒くなって師走っぽくなってきましたね。

あと10日で2018年も終わり。

早い、早過ぎる。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

僕はクライミングにまみれてますね〜

幸か不幸か、最近はクライミング以外に夢中になるものが無いもので。

夢中になれる事が1つでもあるという事は幸せな事です。

 

 

 

さてさて、今年は寒いところへ行くモチベーションが低めなので、さほど寒くない御岳へ。

蟹虫という楽しい目標に向かって前進したいところ。

 

8時頃あいちゃんと到着したものの、とりあえず暖かいところからがいいよね〜と鵜の瀬岩。

安定の暖かさ。

春だった。

 

猫砂でアップをして鵜SD。

安定の敗退。

ただただ、指皮を捧げただけだった。

いつになったら登れるのだろうか…

 

後から合流したクラッチさんは、なんかあっという間に登ってた。

 

f:id:yaaatch:20181223004033j:image

ビショップでの不調は一体?!

 

 

 

昼頃から忍者岩へ。

蟹虫の繋げトライ開始!

…するも、繋げてくると虫の精度低め。

寄せれなかったり、リップ触るだけだったり。

やっぱり難しいなあ蟹虫。

 

という事で虫のムーブを再構築してみたら、

「右ヒール」→「右手寄せ」→「右手でリップ取り」のムーブでリップ取れた!

まさかの展開。

 

f:id:yaaatch:20181223004928p:image

指負荷めちゃくちゃ下がった。

 

こりゃあひょっとしたらひょっとするか?と思ったけど、既に繋げる体力無くなってたので終了。

無念。

 

 

 

翌日も休みだったので、虫のムーブ練をして帰路に着いた。

決戦はクリスマス。

 

楽しみだ。

蟹虫倶楽部再入部

あみロキのお客さんたちと御岳へ。

自宅からは圏央道で行けるのでめちゃくちゃ楽だった。

首都高を通らなくていいのはありがたい。

2時間ジャストで到着。

 

 

ピンチオーバーハングの岩、日陰岩、忍者返しの岩、デッドエンドと色々まわった。

 

日曜にしてはそこまで人多くなくてラッキーと思っていたんだけど、

今回のメンバー達にはしんどかった模様 笑

人垣にびびって全然入っていけないらしい。

 

頑張れとしか言いようがない 笑

 

 

久しぶりの御岳だったのでリピートも含めて色々と触ったのだけど、

嶺の夕は良いラインですね。

岩は格好良いし、程よく高くて登りごたえアリ。

 

f:id:yaaatch:20181214001235j:image

御岳ジャンプは相変わらず出来なかった 笑

 

 

 

今日のハイライトは蟹虫。

虫を登った直後以来に蟹虫と対峙。

蟹虫倶楽部再入部です。

 

虫の寄せはほぼほぼ止めれたもののリップ止まらな〜い。

蟹パートは結構余裕持ってムーブをこなせた。

 

f:id:yaaatch:20181214002549j:image

 

しばらくはのんびり蟹虫頑張りましょう、そうしましょう。

Bishop2018 Day7-9

【Day7】

レスト日。

2人は登りに行ってしまった。元気だ。

 

ポケモンGOをしながら散歩&ショッピング。

1時間ほどで疲れてモーテルに帰宅。

昼ごはんも食べずにひたすらジャックライアンを観て夜を迎えた。

 

エリアから帰ってきたあいちゃんと合流してお出かけ。

あいちゃんがシルビアさんというアメリカ人女性と仲良くなったらしく(去年も会った)、Thanks Givingの集まりに誘ってくれたらしい。

 

Thanks Givingとはアメリカの祝日でいわゆる「感謝祭」。

日本でいうお正月みたいな感じで家族や親族が集まるのが一般的なんだとか。

この日はクライマーオンリー!

15人近くいました。

 

f:id:yaaatch:20181129100728j:image
f:id:yaaatch:20181129100739j:image
f:id:yaaatch:20181129100732j:image

 

七面鳥おいしすぎました。

皆さん快く迎えてくれて楽しい時間を過ごせました。

ああ…もっと英語でコミュニケーションが取れたら最高だったのに。

 

YoutubeにBishopの動画めちゃくちゃ上げてるアンディもいた。

Bishopに家買ってAirbnbで出すらしいよ。

 

 

【Day8】

ライミングが出来るのもあと2日。

は、はやい。

 

Kill On Sight一本勝負!という事でHappyへ行くも、ボディのヨレが全く回復してなくてポンコツな登りしか出来ない。

数トライで「こりゃ無理だ」と悟って、敗退を決めた。

繋げきれない弱さ、残念すぎる自分。

 

 

 

 

引きずってもしょうがないので別の課題を色々トライ!

 

毎年ちょこちょこ触ってはひたすら敗退していたLast Dance/V9がいきなり登れた。

自分でもびっくり。

 

あいちゃんが触ってたV3課題のSit ver.がV9だってことで触ってみる。

f:id:yaaatch:20181129101524p:image

Slave to the Grind/V9

右奥からスタートで直上。

パートごとのバラシ後1トライ目で登れた。

強度高くてめちゃくちゃパンプした。

 

格好いいラインでした。

 

 

その後はあいちゃんのMorning Dove Whiteの応援。

めちゃくちゃ惜しかった!

f:id:yaaatch:20181129101830j:image

 

途中でトシさん達も来てマイさんも参戦。

トシさんはGoldfish trombone/V14登ったらしい。

ヤバすぎ。

 

ナコちゃんと少し仲良くなりました。(たぶん)

 

 

待ってる間にToxic Avenger/V9にもトライ。

f:id:yaaatch:20181129102313p:image

飛びまくってゲット。

一手物の気持ち良いライン!

 

 

夕方になって早めの撤収。

と、みせかせて…

帰り道にもう一度Kill On Sight。

午前のトライでは死ぬほどできそうになかったのに、身体が動いて1回目のトライで登れた。

 

意味がわからないけど、とにかく嬉しい瞬間だった。

ライミングって不思議。

 

はじめてのBishop、2回目のBishop、どちらで触った時も可能性を感じれなかった。

成長を実感する瞬間はいつだって最高!

 

時間をくれた2人にも感謝です。

 

f:id:yaaatch:20181129104124p:image

YES!

 

f:id:yaaatch:20181129104155j:image

安定のBurger Barn(2回目)

 

 

【Day9】

最終日。

今日はいつもより1時間早く出発。

 

再びHappyへ。

クラッチさんのKill On SightとあいちゃんのMorning Dove White。

 

何度かミスりつつもあいちゃんはMorning Dove Whiteを完登。

5連登目なのに凄過ぎ!

(レストのタイミングを見失った模様 笑)

 

クラッチさんは今日も決めきれず。

 

 

 

昼頃からButtermilksへ移動した。

 

Buppa gump/V10にど敗退して、その隣のcocktail sauce/V9は結構すぐ登れた。

距離感の近い(狭い)ムーブにも対応出来るようにならないとなあ。

 

 

Buttermilksはポカポカで気持ちの良い陽気だった。

この日は土曜日ということもあってエリアは賑わっていた。

Bishopで登っていて印象的なのがフィットネスみたいな感覚でクライミングを楽しんでいる初級クライマーが多いということ。

 

その身体でよく登れるなって思うようなFATな人も多いけど、そんな人でも気軽に登れる簡単なラインが沢山あるから岩に来やすいのかな。

 

岩の上に上がって景色眺めているだけでも最高だもんね。

 

そんでもって、スポーツタイツ(レギンス?)とタンクトップで登っている女性の多いこと。

(毎年言ってる気もする)

オケイさんとかも今年はスポーツタイツをドレスコードにしてたみたいなんだけど、

めちゃくちゃ快適らしい。

 

何にせよ目の保養になります。

日本でもタイツクライミングが再び流行りますように。(女子限定)

 

 

 

ツアーの締めはChecker Board/V8。

触るの3年ぶり。

前に触った時は全然ダメだった懐かしい思い出。

日陰で岩冷たいし指いたし長くてヨレるけどめちゃくちゃ登りたいラインだったから頑張った。

ツアー最後にやる課題じゃなかった…

 

f:id:yaaatch:20181202105357p:image

何とかきっちり登って終了!

気持ち良いくらい出し切った。

 

 

 

こうしてあっという間にツアーは終わりの時を迎えた。

寂しいねえ。

 

ビショップでの最後のディナーはトシさん達と一緒にBurger Barn(3回目)

家庭の話や各々のクライミングの話など焚火を囲みながらゆったりとした時間を過ごした。

 

 

名残惜しさを感じながら荷造りをして仮眠を取る。

いつも通り深夜ドライブでLAへ戻り早朝の便でアメリカを発った。