のぼるきょじん

いわをのぼるひと。

ちょっとだけ笠間

連勤の隙間でちょこっと笠間へ。

セットが続くタイミングだったので、指皮やられない程度にファンクライミング

 

f:id:yaaatch:20190119230217j:imagef:id:yaaatch:20190119230252j:image

 

スラブ中心にのんびり。

気温がちょうどいい〜。

 

石器人スラブど真ん中がやっと登れた。

ラインを違いをあんまり感じないのはここだけの話。

どちらも面白いのでおススメ。

 

ヒップ岩側面の1級スラブも高度感もあり登りごたえあり!

 

 

 

登りたいものは大体登ってしまったので、

ぼちぼち笠間でモチベーション上がるラインが見当たらなくなってきたなあ。

元旦豊田

あけました。

 

2019年初登りは元旦から豊田へ。

3年連続での元旦豊田、もはや定着してきた。

withゴトチ、てかりん

 

サンチョ狙いで宮川から。

アップでみたら/dを登ってから緑/e。

f:id:yaaatch:20190116120702j:image

 

えっちらほっちらムーブを組み立てて割とさっくり登れた。

初めて豊田に来た何年か前は全然出来なかったやつなので嬉しい。

抜けが悪かった…

ゴトチ、別便で合流したおがちゃんもゲット。

 

 

本命のサンチョ/f。

いつも下地が川になってて取付き困難なライン。

この日も川だったけど水量がかなり少なめだったので無理やりマット敷いてトライ!

びしょびしょ!

 

f:id:yaaatch:20190116120959j:image

リップ取りで吹っ飛びそうになったけど登れた。

逝ったかと思った。

スポットしてくれた2人に感謝。

 

超気持ちのいいラインでした!

星3つ☆☆☆

 

 

濡れた岩盤でズッコケてお尻を強打した。。

 

 

おがちゃんもサンチョをゲット。

その後むかーしみんな仲良く敗退したフライングダッチマン e/f

ひたすら飛びまくってゲット。

コツ系だった。

 

 

琥珀登るために土木作業したけど、下地作り切れず断念…

無駄に疲れただけだった。

 

 

 

夕方から大給へ。

AKIRAは今年も敗退。

ただ去年よりは二手目出しのモーションは良くなった気がする。

気長に頑張るべさ。

 

f:id:yaaatch:20190116122240j:image

ダイヤモンドスラブに敗退して撤収。

 

楽しい登り始めでした。

そして12連勤スタート。

忍者岩のチッピングに思うこと

クリスマス。

いつも通りに御岳へ向かう。

今日は蟹虫を繋げ通して良い日になるはずだった。

 

いつもと同じように車を駐車し、

いつもと同じように岩を目指して歩く。

 

ご存知の通り、いつもと同じはずの忍者返しの岩はそこには無く、

忍者岩が何者かにチッピングされていた。

 

紛れもなくホールドは変化していた。

とんでもないクリスマスプレゼントだ。

本当に冗談じゃない。

 

 

 

僕たちクライマーは謙虚でなければならない。

自然に対してもそうだし、岩を有する土地の所有者や近隣の住民に対してもそう。

近年クライマーのマナー問題が議論される事も少なくない。

 

ジムが増え、クライミング愛好者が増え、色々な価値観を持った人が現れる、岩場はキャパを越え、問題も増えている。

 

アクセス、トイレ、ゴミ、ナイトクライミング、騒音、チョーク汚れ。

誰が悪い、何が悪いという事ではないのだけど、目に余る出来事が多いのは事実。

 

自分の行動を見返した時に胸を張って自分は大丈夫と言えるかというと、そうでもないので偉そうな事は言えないのだけど。

 

どちらにせよ、一人ひとりのクライマーが少しずつ配慮し合あう必要があると思うし、

当たり前になってしまっていることを今一度考え直す必要があると思う。

 

 

 

 

 

話は戻って忍者岩のチッピング。

かなりショッキングな出来事で本当に許せない。

手が加えられ変形した岩は元には戻らないし、犯人を裁くことも出来ない。

 

何もできない。

 

 

チッピングされ人工壁と化したラインを登るのか否か。

 

チッピングの容認に繋がるからそのラインは登るべきではないという意見や、

チッピング犯に屈することになるから気にせず登るべきという意見など、

様々な意見が出ている。

 

何が正解なんだろう。

 

SNS(特にtwitter)では各々好き勝手な主張が流れているのだけど、自分が100%合っているというような意見の押し付け合いがとても見苦しい…。

 

 

自分はどうだろうか。

正直答えが見つからない。

 

登りたいけど登りたくない。

登りたくないけど登りたい。

 

 

御岳は、というか忍者岩は短いクライミング人生の中で間違いなく一番多く足を運んでいて、

本当に多くの時間とエネルギーを注いだ。

思い入れのあるラインも多いし、様々な出会いもあり、楽しい思い出も悔しい思い出も沢山ある。

 

身を削り時間をかけ育ててきた物を、突然取り上げられた様だ。

2週間近く経った今もモヤモヤしたままで、御岳に行こうという気分になれない。

 

 

蟹虫に関してはトライすれば多分登れると思う。

でも、登れてもモヤモヤするだろう。

 

 

 

 

チッピングは絶対的に許してはいけない。

みたけツーデイズ

寒くなって師走っぽくなってきましたね。

あと10日で2018年も終わり。

早い、早過ぎる。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

僕はクライミングにまみれてますね〜

幸か不幸か、最近はクライミング以外に夢中になるものが無いもので。

夢中になれる事が1つでもあるという事は幸せな事です。

 

 

 

さてさて、今年は寒いところへ行くモチベーションが低めなので、さほど寒くない御岳へ。

蟹虫という楽しい目標に向かって前進したいところ。

 

8時頃あいちゃんと到着したものの、とりあえず暖かいところからがいいよね〜と鵜の瀬岩。

安定の暖かさ。

春だった。

 

猫砂でアップをして鵜SD。

安定の敗退。

ただただ、指皮を捧げただけだった。

いつになったら登れるのだろうか…

 

後から合流したクラッチさんは、なんかあっという間に登ってた。

 

f:id:yaaatch:20181223004033j:image

ビショップでの不調は一体?!

 

 

 

昼頃から忍者岩へ。

蟹虫の繋げトライ開始!

…するも、繋げてくると虫の精度低め。

寄せれなかったり、リップ触るだけだったり。

やっぱり難しいなあ蟹虫。

 

という事で虫のムーブを再構築してみたら、

「右ヒール」→「右手寄せ」→「右手でリップ取り」のムーブでリップ取れた!

まさかの展開。

 

f:id:yaaatch:20181223004928p:image

指負荷めちゃくちゃ下がった。

 

こりゃあひょっとしたらひょっとするか?と思ったけど、既に繋げる体力無くなってたので終了。

無念。

 

 

 

翌日も休みだったので、虫のムーブ練をして帰路に着いた。

決戦はクリスマス。

 

楽しみだ。

蟹虫倶楽部再入部

あみロキのお客さんたちと御岳へ。

自宅からは圏央道で行けるのでめちゃくちゃ楽だった。

首都高を通らなくていいのはありがたい。

2時間ジャストで到着。

 

 

ピンチオーバーハングの岩、日陰岩、忍者返しの岩、デッドエンドと色々まわった。

 

日曜にしてはそこまで人多くなくてラッキーと思っていたんだけど、

今回のメンバー達にはしんどかった模様 笑

人垣にびびって全然入っていけないらしい。

 

頑張れとしか言いようがない 笑

 

 

久しぶりの御岳だったのでリピートも含めて色々と触ったのだけど、

嶺の夕は良いラインですね。

岩は格好良いし、程よく高くて登りごたえアリ。

 

f:id:yaaatch:20181214001235j:image

御岳ジャンプは相変わらず出来なかった 笑

 

 

 

今日のハイライトは蟹虫。

虫を登った直後以来に蟹虫と対峙。

蟹虫倶楽部再入部です。

 

虫の寄せはほぼほぼ止めれたもののリップ止まらな〜い。

蟹パートは結構余裕持ってムーブをこなせた。

 

f:id:yaaatch:20181214002549j:image

 

しばらくはのんびり蟹虫頑張りましょう、そうしましょう。

Bishop2018 Day7-9

【Day7】

レスト日。

2人は登りに行ってしまった。元気だ。

 

ポケモンGOをしながら散歩&ショッピング。

1時間ほどで疲れてモーテルに帰宅。

昼ごはんも食べずにひたすらジャックライアンを観て夜を迎えた。

 

エリアから帰ってきたあいちゃんと合流してお出かけ。

あいちゃんがシルビアさんというアメリカ人女性と仲良くなったらしく(去年も会った)、Thanks Givingの集まりに誘ってくれたらしい。

 

Thanks Givingとはアメリカの祝日でいわゆる「感謝祭」。

日本でいうお正月みたいな感じで家族や親族が集まるのが一般的なんだとか。

この日はクライマーオンリー!

15人近くいました。

 

f:id:yaaatch:20181129100728j:image
f:id:yaaatch:20181129100739j:image
f:id:yaaatch:20181129100732j:image

 

七面鳥おいしすぎました。

皆さん快く迎えてくれて楽しい時間を過ごせました。

ああ…もっと英語でコミュニケーションが取れたら最高だったのに。

 

YoutubeにBishopの動画めちゃくちゃ上げてるアンディもいた。

Bishopに家買ってAirbnbで出すらしいよ。

 

 

【Day8】

ライミングが出来るのもあと2日。

は、はやい。

 

Kill On Sight一本勝負!という事でHappyへ行くも、ボディのヨレが全く回復してなくてポンコツな登りしか出来ない。

数トライで「こりゃ無理だ」と悟って、敗退を決めた。

繋げきれない弱さ、残念すぎる自分。

 

 

 

 

引きずってもしょうがないので別の課題を色々トライ!

 

毎年ちょこちょこ触ってはひたすら敗退していたLast Dance/V9がいきなり登れた。

自分でもびっくり。

 

あいちゃんが触ってたV3課題のSit ver.がV9だってことで触ってみる。

f:id:yaaatch:20181129101524p:image

Slave to the Grind/V9

右奥からスタートで直上。

パートごとのバラシ後1トライ目で登れた。

強度高くてめちゃくちゃパンプした。

 

格好いいラインでした。

 

 

その後はあいちゃんのMorning Dove Whiteの応援。

めちゃくちゃ惜しかった!

f:id:yaaatch:20181129101830j:image

 

途中でトシさん達も来てマイさんも参戦。

トシさんはGoldfish trombone/V14登ったらしい。

ヤバすぎ。

 

ナコちゃんと少し仲良くなりました。(たぶん)

 

 

待ってる間にToxic Avenger/V9にもトライ。

f:id:yaaatch:20181129102313p:image

飛びまくってゲット。

一手物の気持ち良いライン!

 

 

夕方になって早めの撤収。

と、みせかせて…

帰り道にもう一度Kill On Sight。

午前のトライでは死ぬほどできそうになかったのに、身体が動いて1回目のトライで登れた。

 

意味がわからないけど、とにかく嬉しい瞬間だった。

ライミングって不思議。

 

はじめてのBishop、2回目のBishop、どちらで触った時も可能性を感じれなかった。

成長を実感する瞬間はいつだって最高!

 

時間をくれた2人にも感謝です。

 

f:id:yaaatch:20181129104124p:image

YES!

 

f:id:yaaatch:20181129104155j:image

安定のBurger Barn(2回目)

 

 

【Day9】

最終日。

今日はいつもより1時間早く出発。

 

再びHappyへ。

クラッチさんのKill On SightとあいちゃんのMorning Dove White。

 

何度かミスりつつもあいちゃんはMorning Dove Whiteを完登。

5連登目なのに凄過ぎ!

(レストのタイミングを見失った模様 笑)

 

クラッチさんは今日も決めきれず。

 

 

 

昼頃からButtermilksへ移動した。

 

Buppa gump/V10にど敗退して、その隣のcocktail sauce/V9は結構すぐ登れた。

距離感の近い(狭い)ムーブにも対応出来るようにならないとなあ。

 

 

Buttermilksはポカポカで気持ちの良い陽気だった。

この日は土曜日ということもあってエリアは賑わっていた。

Bishopで登っていて印象的なのがフィットネスみたいな感覚でクライミングを楽しんでいる初級クライマーが多いということ。

 

その身体でよく登れるなって思うようなFATな人も多いけど、そんな人でも気軽に登れる簡単なラインが沢山あるから岩に来やすいのかな。

 

岩の上に上がって景色眺めているだけでも最高だもんね。

 

そんでもって、スポーツタイツ(レギンス?)とタンクトップで登っている女性の多いこと。

(毎年言ってる気もする)

オケイさんとかも今年はスポーツタイツをドレスコードにしてたみたいなんだけど、

めちゃくちゃ快適らしい。

 

何にせよ目の保養になります。

日本でもタイツクライミングが再び流行りますように。(女子限定)

 

 

 

ツアーの締めはChecker Board/V8。

触るの3年ぶり。

前に触った時は全然ダメだった懐かしい思い出。

日陰で岩冷たいし指いたし長くてヨレるけどめちゃくちゃ登りたいラインだったから頑張った。

ツアー最後にやる課題じゃなかった…

 

f:id:yaaatch:20181202105357p:image

何とかきっちり登って終了!

気持ち良いくらい出し切った。

 

 

 

こうしてあっという間にツアーは終わりの時を迎えた。

寂しいねえ。

 

ビショップでの最後のディナーはトシさん達と一緒にBurger Barn(3回目)

家庭の話や各々のクライミングの話など焚火を囲みながらゆったりとした時間を過ごした。

 

 

名残惜しさを感じながら荷造りをして仮眠を取る。

いつも通り深夜ドライブでLAへ戻り早朝の便でアメリカを発った。

Bishop2018 Day4-6

【Day4】

レストデイ。

f:id:yaaatch:20181123144616j:image
f:id:yaaatch:20181123144558j:image

 

 

【Day5】

朝からHappyへ。

別便で来てた日本人の友達たちにやっと会えた!

僕らの一日後にビショップ入りしてて、この日の午後からはジュシュアツリーに移動するんだとか。

f:id:yaaatch:20181123144836j:image

 

 

レスト明けにも関わらず身体は重め。

アップを早々に済ましてひたすらKill On Sight!

下部のムーブは固まったもののボディへの負荷が想定以上。

V10パートでひたすら落ちまくって終了。

 

被りに弱いのは相変わらずです…

 

あいちゃんがEvery Color You Areを登ったらしくとても驚いた!

 

 

晩御飯は4年目にしてはじめてのデニーズ。

そこそこ美味しかったものの、なんだか割高だった。

f:id:yaaatch:20181123145314j:image

 

 

【Day6】

午前中はButtermilksへ。

Jedi Mind Tricksを登る2人の付き添い。

 

f:id:yaaatch:20181123145456j:image
f:id:yaaatch:20181123145448j:image
f:id:yaaatch:20181123145452j:image

 

2人とも素晴らしいクライミングでした!

ジェダイの岩はラインもロケーションも最高の一言に尽きる。

ビショップに来たら必ず触るべき。

要チェック。

 

 

クラッチさんを宿に下ろして、午後からあいちゃんと2人でHappyへ。

あいちゃんが狙っているMorning Dove White V7/8を触る。

f:id:yaaatch:20181123145718j:image

 

そしてハマる。

145度前後の傾斜に掛かりの良いポケットが連続して、若干長い。

ムーブを作るのに手間取って登れた頃にはヨレヨレに。

なんてこった。

 

疲れたけど楽しいラインでした。

あいちゃんもぜひ登り切ってほしい!

 

という事で、目当てのKill On Sightを頑張る力が残らず😂

Last Danceに普通に敗退して帰宅。

 

f:id:yaaatch:20181123150034j:image

晩御飯は安定のピザファクトリー(3回目)

Bishop2018 Day2-3

【Day2】

2日目はHappyへ。

相変わらずアプローチが難儀。

 

クラッチさんは2日目にして体調を崩しつらそうだ。

前日のデスハイクが効いている様子。

 

f:id:yaaatch:20181120210957j:image

Black Magic/V3

なんて気持ちいいんでしょう。

 

僕とあいちゃんがひいこらと登っている間も、クラッチさんは悟りを開いたように静かに佇んでいた。

 

 

4年目にして初めて触ったEvery color you are/V6。

看板課題です。

 

トリッキーでバリエーションに富んだムーブを攻略している間、もはやクラッチさんは天に召されたように日向で静止していた。

ツラそう…

 

本題のえぶりからーはランジあり、ヒールあり、トゥありで登り応え抜群でした。

★★★!

 

 

その後、2年前の宿題と対峙。

Standing Kill Order/V10 (V11からダウングレード)

ものの数トライで決着。

 

f:id:yaaatch:20181120212118p:image

抜群にモテた。

 

Kill On Sight/V11 (Sit startバージョンでV12からダウングレード)のムーブを探って終了。

 

タコベルをキメて就寝。

 

 

 

【Day3】

バターミルクのメインでウォームアップして1人spectre/V13のあるエリアへ移動。

マイ上司でもあるトシさんが声をかけてくれて一緒にトライする事に。

11時くらいには行くよ!とポップな連絡が来ていたものの全然来なくて焦った。

 

って事でspectre。

国宝級に格好いい。

 

f:id:yaaatch:20181120212747p:image

去年より初手&マッチの保持が良くなっていて少し2手目出しの距離が伸びた。

ただ、スタートホールドへの右足の掻きこみが足らないようで取りに行く瞬間に足が切れてしまう。

足力が足りん〜

 

それでもトシさんにホールディングのアドバイスをもらい自分にとって良い持ち方を発見!

(指のサイズで全然持ちどころ違うっぽい)

 

そして初めて2手目をタッチ出来た。

今年の目標達成!笑

 

って事で目標を上方修正して、今年は左手キャッチを目指します。

 

 

 

トシさんは上部のスラブの練習で結晶握り込み過ぎて出血、この日の繋げは断念していた。

下部のフラれは何とかなりそうな感じだったからこのツアー中に決めてくれるんじゃないだろうか。

 

そういえばSo iLLクルーがトシさんの撮影に来ていた。

Swarmのムービーもそのうち公開されるとか。

 

 

 

 

f:id:yaaatch:20181120213545p:image

かわいい野生生物の生態を確認。

Bishop Rock Trip Season4

今年もはじまりました。

 

f:id:yaaatch:20181120034558j:image

 

ただただ最高!

長期の休みを認めてくれた職場の皆さんには感謝しかないです。

ありがとうございます。

 

 

11/15の夜の便で成田を発ち、11/15の昼前にLA到着。

時差マジック。

 

今回の機内は結構寝れた。

ハンソロを観て、爆睡、着陸2時間前に目が覚めてオーシャンズ8を観てたら到着。

あっという間でした。

 

やっぱりエミリアクラークが可愛すぎる…

 

 

今回のメンバーは全員英語が苦手なので、レンタカー屋は日本語が通じるさくらレンタカーにした。

少し値段は上がったものの、ノンストレスであっという間に車をゲット。

 

ビショップまで爆走!

5時間程度で到着。

相変わらず遠い。

 

モーテルにチェックインしてとりあえず乾杯。

キッチンが無いという事実にガッカリしながら就寝。

 

 

 

【Day1】

初日はやっぱりButtermilksへ。

変わらない景色がそこにはあった。

砂漠地帯に広がる巨岩群は何度見ても目を奪われる。

 

Good morning sunshineの岩で適当に登って、Plain high drifter/V10。

全然できねえ。

 

クラッチさんはHigh Plain Drifter/V7をサクッと登っていた。

 

 

あいちゃんお目当てのjunior's achievement V7/8。

何度かトライしてるうちに去年の高度まで進んで、割と早い段階で核心を突破。

f:id:yaaatch:20181120040213p:image

 

あっという間に登ってた!

強い〜〜、ナイス👍

 

クラッチさんはStained Grass/V10を触りに行ってしまったので別行動。

あいちゃんとSoul Slinger/V9へ。

 

左抜けのV9は既に登っているので、直上のV8をやってみる。

そして、どハマり。

明らかにV9の方が登りやすい…

 

激打ちして何とかゲット。

f:id:yaaatch:20181120040638p:image

スローパー地帯が悪かった。

 

 

因縁(?)の宿題Solitaire/V8へ向かう。

駐車場から15分程度のウォーキングをこなして到着。

相変わらずかっこよし。

 

Solitaireはランジ2発のシンプルで格好いいライン。

前できなかった1手目は結構早い段階でこなせたものの、前出来ていた2手目が出来ねえ。

何でやねん。

 

バラしで練習しても止まりそうで止まらない2手目。

うーん…

 

 

長めにレストしてとりあえず思いっきり出したら止まった。

f:id:yaaatch:20181120111426j:image

 

やっと登れて安堵。

下降路のガバフレークが今にも剥がれそうで怖かった…

 

後から合流するはずだったクラッチさん。

中々来なくておかしいなあと思ってたら道を間違え山の遥か上の方を2時間近く彷徨っていたらしい。

 

f:id:yaaatch:20181120111752j:image

クラッチさんを探せ。

 

先を越される

一路瑞牆へ。

目当ては夜。

下部のムーブはだいぶ安定してきたものの、リップ前の右手が保持しきれず…

 

f:id:yaaatch:20181107112010p:image

ひたすらここから落ち続けて爆死。

 

この日は2トライ目で早々に指が裂けてしまった。

テーピング巻いてのトライは力入らねえ。

指を治してまたチャレンジしよう。

 

 

昼頃から小川山へ移動。

あいちゃんと合流してヴィクター。

僕はひたすら寝たり、ダラダラしていた。

 

惜しいトライを連発していたあいちゃんは、気温の下がってきた夕方に集中力を発揮してtwo monks撃破。

格好良すぎた!

おめでとう〜

 

先を越された。。

 

翌日も登るので早めに撤収。

穴場な飯屋で夕食を済ましてゆっくりと過ごした。

 

 

翌日も小川山。

ひたすら不可能スラブ。(だった気がする)

 

f:id:yaaatch:20181107112653p:image

 

3歩目までは安定してきたけど、

次の1歩がどうにもうまく出来ない。

 

ただ、続けていたら絶対出来る。

諦めないでコツコツ頑張ろうと思う。

だれか一緒にやりましょ。

 

僕がスラブと戯れている間に、あいちゃんは涙涙を登っていた。

強すぎ。

 

 

f:id:yaaatch:20181107112902j:image

ロビンのハンバーグカレーは最高。

美味しいもの+美味しいもの=超おいしもの

みたけ

瑞牆の翌日あいちゃんと御岳へ。

とても久しぶりな感じ。

町田に住んでいた頃は足繁く通ったものです。

(半年前の話だけど)

 

指が裂けていたのでのんびりダラダラ。

平日の御岳に来ると知り合いにたくさん会えて楽しいね。

 

f:id:yaaatch:20181102164234j:image

 

台風の影響で下地が下がって、

忍者岩がデカく格好良くなってた。

COOL!

ポケット弱いマン

ふたたび瑞牆。

 

ゴトチ、ノブくん、ダイさんと行ってきました。

まずは算術。

数年ぶりに触ったけど何回登っても楽しい。

数便出して再登。

 

f:id:yaaatch:20181027134706p:image

裏面にある数列。

中間部くらいまでいけたもののシャープなホールドに人差し指の皮をごっそり持ってかれて、戦略的撤退。

 

ちくしょうめ。

 

 

みんなは眠った風に行くとのことで別行動し千里眼

f:id:yaaatch:20181027134910p:image

 

相変わらず出来ない。

飛び出す瞬間に足が抜けてしまうんですよねえ。

 

 

美しき日は圧倒的に出来なかった。

進歩してねえ…

いつになったら可能性を見出せるか。

 

 

夜を覗いてみたら、夜史上最高に踏めそうなスタンスが出来てたのでトライ。

初めて三手目止めれた。

が、数列で皮を持ってかれた人差し指が裂けて終わった。

く、悔しいです…

 

ちなみに、GODスタンスは数トライで欠けました。

欠けた後も手数進められたから何とか頑張りたいところ。

 

f:id:yaaatch:20181027135353j:image

 

夜明けは近い。

 

永遠の宿題

笠間の翌日に再びゴトチと岩へ。

この日は瑞牆まで行ってきた。

当日ドタキャンはよくない。

 

 

大面岩下エリアへ。

先に現地入りしていたピンクの人と合流してベシミ。

もう終わってるのでアップも兼ねて下部だけ触る。

登りやすいという人も多いけど普通に難しいと思うんだなあ。

 

適当なところで移動してRise。

前回触った時に出来なかった一手が出来たりと少し進展があった。

簡単に登れるようなラインではないものの、自分にとって不可能なラインでは無いことを再確認できたので良し。

 

f:id:yaaatch:20181023160116j:image

この一手が出来なかった。

でも不可能じゃない。

 

 

次に触った雷帝は相変わらず登れなかったものの、これも前回よりは一手進んでちょっぴり前進。

まさに牛歩。

上部は問題ないので下部の狭すぎて悶絶する一手を何とかしたい。

 

f:id:yaaatch:20181023160327p:image

お尻出過ぎマン。

 

上部まで手を進めてビビって降りたゴトチが派手に捻挫するというアクシデントが起こり下山。

登れそうだっただけに残念。

 

下山したもののまだ帰るには早かったので少しだけ時間をもらってヴォックを触ったら登れた。

f:id:yaaatch:20181023222418p:image

 

毎シーズン跳ね返され続けていた永遠の宿題と遂に決別!!

めちゃくちゃ嬉しい〜

 

 

気分良く帰宅したら、何とゴトチが鍵(家と車の)を紛失していたという事実が発覚。

捻挫して鍵無くして踏んだり蹴ったりですな。。

 

大面岩下で鍵を見つけた方はご一報ください 笑

3年ぶりに笠間

茨城も少し涼しくなって来たので笠間へ行ってきた。

調べてみたら約3年ぶり。

 

到着してみると倒木がどうとかで駐車場が閉鎖されていて不便。

 

 

今日のメンバーはひゅーちゃん、ゴトチと阿見ロキバイトの2人。

イトメンバー2人は初めての岩なので簡単な課題を求めてプラクティス岩へ。

易しいのから順に登らせてみる。

2人とも前腕クライマー(ゴリゴリ登る系)なので苦戦するかと思いきや結構スムーズに登っていた。

 

 

しばにぃのブログでよく見かけたQ番のところにあるオジサンと初対面。

ほぼ新聞読んでるだけだった。

(たまーに登る)

挨拶してもリアクション皆無。

実は見えてはいけない存在なのかもしれない。

 

 

ヒップ岩へ移動して各々やりたい課題を触る。

 

f:id:yaaatch:20181018120126j:image

フィストが必要クラックをレイバックでのぼる犬さん。

 

モラン触ってみたら思ってたより難しい。

さすがにアップが必要だったけど、指温まったら登れた。

 

ゴトチは棚への足上げが出来なくて敗退してた。

身体硬すぎ 笑

 

 

珊瑚岩、シンプル岩、ワシントン岩(?)とたっぷり色々触って終了。

うるま、シンプル&ディープ、モランと昔は可能性感じなかったラインを登れて素直に嬉しい〜

 

エモーションSDとボストン倶楽部はまだまだ出来そうにありません。。。

 

 

 

 

 

控えめに言って30箇所は蚊に刺された。

冬以外に来るのはやめようと、そっと心に誓った。

次の目標を確認

小川山へ。

三連休中日ということでクッソ混んでいて、8時過ぎに着いたら満車状態。

下の駐車場から歩く羽目に。

 

クライマーも多いのだけど、キャンパーがめちゃくちゃ多い。

他所でやってもらえませんかね?

白州とかで。

 

 

さーりリクエストでフィロソフィー。

地味に登れてないのでトライするも割とハマる。

結構必死こいて登った…

何だかすごく嬉しかった笑

 

裏の無名初二段(二段?)には相変わらずの敗退でしたが。

f:id:yaaatch:20181008220933p:image

止まりそうで止まらないマン。

おがちゃんも早々に諦めていた。

 

登れそうで登れないさーりを残置しておがちゃんと石の魂へ。

お久しぶりの黄泉です。

 

まあ、まるで出来ないよねえ…

初手が一度も止まりませんでした。

 

何なら、バラしでやって2手目も止めれませんでした。

道のりは長い…

黄泉達成率0%!

 

 

お茶を濁して草野ジャンプ/二段を登った。

石の魂ランジver.より登りやすかったような。

 

 

その後は不可能スラブで伴奏者。

今までスタート切れたこと無かったんだが、スラブ国の住人のアドバイスのもと、三歩半進めた。

 

f:id:yaaatch:20181008221725p:image

宮下さん、ちゃんかなありがとうございました。

宮下さんは頭痛をアプローチのように歩いておった…

アメイジング

覚醒完登に期待!

 

 

 

冬の日で圧倒的足りてなさを確認して終了。

冬の日を頑張るのは今シーズンじゃ無さそうだ。

 

しばらくは、黄泉と伴奏者を頑張ろうと思う。