のぼるきょじん

いわをのぼるひと。

3G

裏御岳 2017.6.20

 

時は2014年。

世間的にいうところのクリスマスイブ。

2014.12.24に男3人で向かうは裏御岳。

そこには浮かれた装飾も無ければ陽気なリア充もいない

(当たり前だ)

 

あるのは岩だけ。

ミジララテスタを登った。

抜けのホールドを保持してから足を滑らせて、見事な腹マントルを決めた。

高さ8m付近で。

 

実は、完登の一週間前に上部から落ちて足首を激しく捻挫。

翌週のクリスマスイブにテーピングぐるぐる巻きで完登。

よく登ったわー。

 

同じ日にエゴイストも登った(たしか)

 

 

 

時は過ぎて2年半。

ふと、その存在を思い出して再び裏御岳。

withゴトチ

 

彼は相変わらずおしゃべりが過ぎる 笑

人と自分とを比較しすぎな傾向は相変わらず

もっと気楽にいけば良いのにと思いつつ、

一緒に登るのは楽しい。

 

 

f:id:yaaatch:20170622101508j:image

この岩は相変わらずかっこいいね。

 

 

3G/三段-

岩の中央を直上しミジララテスタに合流する。

 

とりあえずアップに…とミジララテスタを触るも、中間部で落ちる 笑

 

まあいいかと3Gへのアタックをスタート。

1トライごとに手数を進めてあっという間にミジララテスタに合流出来た。

 

f:id:yaaatch:20170622112101j:image

    -合流部分の遠い一手-

 

 

想定外に合流出来てしまって、降りるのも嫌なので(高いし)とりあえず突っ込むも、

日当たり抜群で岩が温かくなってヌメる事に加えてかなり握り込んでムーブを起こしてしまっていたのでヨレてる。

 

本来であればレストできるようなガバでもレスト出来ないほどの余裕のなさ。

 

リップ触ったらヌルッとして落ちた。

 

 

f:id:yaaatch:20170622112642p:image

    -きょじん宙を舞う-

 

 

8時前でこの日当たりは参っちゃいます。

ガバに指を持ってかれて皮がベロンチョ。

再戦を誓って撤収。

 

 

 

 

 

なにやる〜?と相談した結果、涼しそうなロッキーボルダーへ。

ゴトチが炎/初段が気になってるというので川側から。

 

炎は昔登ったなあと思ったけど、違うラインだったらしく登り直し。

昔、炎だと思って登ったラインは現在ミラージュというラインらしい。

 

f:id:yaaatch:20170622113225p:image

  -炎/初段-

 

でけた。

(48スタイルw)

 

余裕のflash

二手下から始めるサイドワインダーも一撃。

二手増えたところでガバだから強度的にはまるで変わらない感じ。

簡単だけど、気持ちいいラインです。

(体感3級)

 

 

 

f:id:yaaatch:20170622113553p:image

ミラージュのスタートから炎に抜けるラインを登って終了。

手数が増えるので更に充実。

これでやっとやさしめの初段くらいな感じかなあ。

よく分からないや。

 

まあ興味ある人は触ってみてくださいな。

 

 

 

炎ではこのブログを読んでくださっているという方にお会いしまして、

嬉しいやら恥ずかしいやら。

(お名前聞き忘れた…)

 

またどこかでお会いしたらよろしくお願いします🙇

 

 

 

 

ほなまた。 

inno

事件です。

念願のinnoに行くことができました。

 

f:id:yaaatch:20170616232523j:image

f:id:yaaatch:20170616232532j:image

 

ハード系のパンが好きな自分としてはずーっと気になっていたお店。

長坂ICの近くなので中々寄るタイミングがなかったんですよね(小川山行く時は瑞牆経由の下道で行っちゃうので)

 

かわいい外観と狭い店内、ドアを開けるといい香り…

これこれ。

パン屋もハンバーガー屋も店に入った瞬間に美味しいかどうか分かるよね、匂いで。

 

クロワッサン、あんバター、バケットサンド

何やかんや色々買って満足。

 

f:id:yaaatch:20170616233736j:image

f:id:yaaatch:20170616233746j:image

八ヶ岳南アルプスも綺麗に見えるロケーションも素晴らしい。

 

また来よ。

 

 

 

inno来訪から時を遡ること4時間…

 

f:id:yaaatch:20170616233928j:image

 

白州は神宮川に突撃。

目当てはもちろん白州ドリームタイム。

 

アップも兼ねて2級パート。

こちらは問題なし。

 

繋げ2トライ目で2級パート突入

あれ、登れちゃう?何て思ったのも束の間、太陽光線を浴びてホールドを見失いフォール。

 

f:id:yaaatch:20170616235140p:image

それ、全然違うとこや

 

 

その後、凡ミスを繰り返し落ちまくり。

盛大にヨレる。

 

なまじ出だしが良かったので、気持ちだけが先走っている感じ。

こりゃいかんと川でアイシングをしながら気分を落ち着かせて…

 

f:id:yaaatch:20170616235844j:image

何とか登れた〜

ヨレた〜

 

結局到着から2時間以上掛かったわ。

 

 

f:id:yaaatch:20170617000126j:image

  -灼熱すぎます-

 

八貫岩は日当たり良好灼熱物件だったのでスルー。

親切な山梨のクライマーさんがラインを色々教えてくれた。

ありがとうございます。

今度来たら色々触ってみよう〜

 

 

 

時間は戻りinno。

白州から20分くらいでした。

パンをたくさん買い込んで一路小川山へ。

 

瑞牆、SSKとも迷ったんだけど、予報だと小川山が一番気温が低そうだった。

到着してみると日陰はほどほどに涼しい。

 

 

f:id:yaaatch:20170617222341j:image

  -あんバターを考えた人は天才-

 

雨月を触るも登れそうで登れない。

リップには触れるものの掛かる所までは届かず。

ムキになって打ちまくるもどんどん高度が落ち、お尻周りが痛くなってきてthe END。

右ヒールで無理くり身体を上げていくもんだから負担がね。

 

 

帰り際に豊かの海の練習をして終了。

 

やっと足上げ出来た。

ここからが長いんでしょうけどね。

 

f:id:yaaatch:20170617222933j:image

   -豊かの海-

 

 

夏までにもっかいくらい来たいな〜

 

ほな、ばいちゃ🖐

 

恐怖の再登さん

白州 2017.6.13

 

雨の少ない梅雨にも関わらず、

休みの前日にはピンポイントで雨予報。

 

しかーし、前夜の雨降りもなんのその山梨入りです。

 

f:id:yaaatch:20170615191344j:image

  -勝沼あたりは快晴-

 

 

しばにぃに案内をしてあげる約束になっていたので本日は白州尾白川エリアです。

先に着いた神宮川エリアを見に行っていたしばにぃから「岩はびしょびしょ」との連絡が…

 

f:id:yaaatch:20170615191316j:image

  -どんより-

 

とりあえずコンディションの確認がてらエリア案内。

キャンプ場内の岩は濡れていたものの川辺の岩は割と乾いていたので、まずはそちらから。

 

5〜2/3級くらいまでのラインを登ってウォーミングアップし、前回敗退した蜘蛛の糸/初段。

(2/3級の再登に失敗したのは内緒)

 

 

f:id:yaaatch:20170615191737j:image

  -スタートの足が死ぬほど滑る-

 

リップのホールドが変わらず甘い。

山森さんが使っていた縦ピンチにするか、

オープンで保持るか、結晶をカチるか。

 

ヒールで上体を上げていくには右手が持ててる事が大前提。

 

カチ一択!

全力でカチ待ちして、丁寧にヒール掛けたら登れた。

 

f:id:yaaatch:20170615204725p:image

ヒールのかかり具合大事!

 

 

 

 

 

移動して刃 初/二段。

染み出しを拭きつつお触り。

公開イベントの時は動画撮らなかったので、登り直そ〜と気軽に取り付いたらハマりにハマった。

結構な便数出してやっとこ再登しました。

だらしない事この上なし。

 

ピンチ苦手なしばにぃもキッチリ完登!

さすが!

 

 

 

白州マングースも再登さん。

上部のスラブがびしょびしょで超絶慎重にトップアウト。

結局3分以上スラブにいました。

 

落ちなくてよかった…。

 

f:id:yaaatch:20170615205251j:image

  -看板課題 白州マングース/初段-

 

やはり良いラインです。

 

 

ホワイトシャイア1級を登って終了。

ポジティブなホールドが続く気持ちいいラインでした。

 

f:id:yaaatch:20170615205604j:image

  -バラしたのに繋げられなかったしばにぃ-

 

 

 早朝はびしょびしょだったけど、なんだかんだ一日遊べてラッキーでした。

尾白川は残すところ可能性を見出せてない二段と三段があるので、秋になったらまた来ようと思います。

 

レベルアップしてまた来るぜ〜

 

 

ほなまた。

仕切り直した結果

御岳 2017.6.12

 

今日も今日とて朝御岳。

 

f:id:yaaatch:20170612210111j:image

   -忍者岩と奥多摩の空-

 

 

 

虫。

仕切り直した結果、

進展するどころかむしろ後退するという。

 

中々思うようには行きませんね。

 

 

 

久しぶりに蜥蜴触ったら、固まったはずの下部パートがまるで出来ず。

進展するどころかむしろ後退するという。

 

やはり、中々思うようには行きませんね。

 

 

保持力が弱くなっているような気がする。

あと指皮も。

あと体幹も。

 

 

 

進展した事と言えば、

蟹亀を初触りしたらムーブがクリアになった。

 

一手ごとの強度はさほど高くないものの、

長いから明らかにヨレる。

 

亀返しは単品でもギリギリだったのでどうなる事やら。

 

f:id:yaaatch:20170612210651p:image

  -蟹亀返し🦀🐢-

 

ガストン地獄。

 

 

 

 

 

 

あいちゃんが遂に忍者返しを登りました。

 

いわゆる「飛ばし」の部分が出来ないので、左ヒールで刻んでいくムーブをうまく作っていた。

 

f:id:yaaatch:20170613220321j:image

  -左ヒールで刻む-

 

飛ばしのガバカチを止めたトライでそのまま上部突入。

クラック取りで落ちちゃうかなと思ったら、右手出さずに中継使ってクラックに左手突っ込んだ!

 

上部のガバを掴んで本人もビックリしたようで、

まじか!まじか!と叫びながらトップアウトしてた。

 

何にせよめでたいね〜

あいちゃんおめでとうー!

 

1級の三大クラシックも残すところエイハブ船長のみ。

この勢いで登ってもらいたいな

 

 

あ、その前に穴社員か。

 

 

 

 

 

f:id:yaaatch:20170613220910j:image

この日の御岳は割と涼しくて快適でした。

気持ちよかった〜

 

ではでは。

仕切り直し

御岳 2017.6.7

 

f:id:yaaatch:20170611234017j:image

 

何となく足が向かなくて、しばらく放っぽり出していたこの子。

もう一度しっかりと向き合ってみようと思う。

仕切り直しだ。

 

 

 

人のいない岩場は雑念を振り払ってくれる。

 

捉われ過ぎず、緩み過ぎず。

良い具合に流れていきたいものです。

白州尾白川ボルダー公開イベント

白州 2017.5.28

 

ラニア主催の白州尾白川ボルダー公開イベントに参加しました。

白州といえば神宮川のあたりにボルダーエリアがあるそうですが、実はまだ行ったことが無い。

そのうち行こう。

 

 

今回公開されたエリアは南アルプス甲斐駒ヶ岳の麓、白州観光尾白キャンプ場の中にあります。

ラニアのオーナー山森政之さんが2003年頃から開拓をし(それ以前からも登られているらしい)、今回地権者さんの全面協力を得て遂にエリア公開。

 

安易な情報拡散はアクセス問題等の問題を引き起こす可能性があり、最悪の場合は登攀禁止になるでしょう。

そうならない為に、地権者との交渉をクリアにし、ルールを明確にしてクライマーに利用してもらう。

口で言うのは簡単だが、一つ一つが本当に大変な事だと思います。

山森さんをはじめ開拓に関わった皆さんに心から感謝をしたいです。

素晴らしい自然環境に包まれたクライミングエリアを守っていくのは、他でもない自分たちクライマーなのです。

 

 

 

 

白州尾白川ボルダーはほとんどの岩がキャンプ場内の私有地にあるので、キャンプ場利用と同じ入場料(1人500円)が必要となる。

※GWや夏休み期間はキャンプ場内の売店、それ以外の期間は市営駐車場内の売店「おじろ」に料金を支払うこと

 

駐車は市営駐車場が無料で利用出来ます。

駐車場からエリアまで徒歩5分くらい。

※キャンプ場内への乗り入れも出来るが1台1,000円必要

 

 

f:id:yaaatch:20170601001314j:image

 

 

山梨にはしょっちゅう来ているが、この辺りに来るのはとても久しぶり。

4年くらい前にソロで南アルプス鳳凰三山を歩いた時以来だろうか。

あの時はテン泊予定だったのにテントのポールを忘れるという失態を犯し、宿に泊まる気にもならず急遽超早足で日帰り縦走をしたという思い出が。

あれはツラかった。

 

f:id:yaaatch:20170601002218j:image

地蔵岳頂上のオベリスクは格好良かった。

今なら簡単に登れるんだろうなあ。

 

 

おっと、話が逸れました。

 

f:id:yaaatch:20170601002710j:image

 

山森さんからエリア案内を受けてさっそくボルダリングスタートです。

 

f:id:yaaatch:20170601003001j:image

まず触ったのは神蛇岩の白蛇3級。

配布されたトポの表紙にもなっています。

出だしがトリッキーで面白い!

 

すぐ隣の名無しの二段はまるで手応えが無し。

どれどれ…

「初登者:室井登喜男」

 

…なるほど。

寒い時にやればもう少し違うと思いたい。

 

 

続いて白州マングース初段

2mほどの薄被りからスラブへ。

下部のホールドは顕著で持ちやすいが、スラブへの立ち込みが悪いのなんの!

 

f:id:yaaatch:20170601003706p:image

ハマりにハマって何とかゲット。

スラブへの立ち込みが超スリリングで最高に気持ち良かった。

久しぶりにかなり高揚感のあるクライミングだった。

 

おがちゃん、クラッチさんは立ち込みが出来ず敗退。

おがちゃんより先に登ったの久々だ〜

先日のSSKでは惨敗だったからな、地味に嬉しい。笑 

 

あ、今日はあいちゃん、クラッチさん、おがちゃん、さーりというナイスなメンバーでイベントに参加しました🖐

 

 

 

お次は剣先岩に移動。

 

f:id:yaaatch:20170601101009j:image

剣の道3級を登るさーり

 

この岩は斜面にあるので見た目以上に傾斜を感じる、ジムっぽいムーブが多い岩でした。

刃 初/二段、剣の道 3級、手裏剣ランジ 3級をゲット。

刃はヒールが抜けて膝を強打する事数回、もうぶつけたくない一心で頑張った 笑

白州マングースよりは易しく感じました。

クラッチさんはどハマり…🖐

 

手裏剣ランジはガバtoガバの気持ちいいランジで、リップがガバ過ぎて手のひらズル剥けになるところだった、あぶねえ。

 

 

 

f:id:yaaatch:20170601101655j:image

格好いいスラブを登るあいちゃん

 

8級のスラブで遊んで、マントル課題の月面の狼 1級に揃って敗退。

まるで返せなかった…

マントルムズカシイ。

 

f:id:yaaatch:20170601102023j:image

返せそうで返せないマントル

 

 

かの有名なコーヘイさんにやっとお会いできました!

トラッドだったり、隙間をズリズリしたりと面白いクライミングを繰り広げているコーヘイさんは、想像通りのお方でした。

またどこかでゆっくりご一緒したいですね。

 

 

 

あ、そうそう、

このキャンプ場内の岩はすぐ脇の道路を登山者や観光客が通るので、立ち振る舞いに注意が必要。

荷物を散らかしたり、通行の妨げにならないようにしましょう。

 

 

河原のボルダーへ移動。

キャンプ場内の岩と比べてツルツル。

水流で磨かれたのかな

 

苔むすび3/4級はツルツルのスラブ

踏めてんだか踏めてないんだか分からないスタンスで立ち上がる

結構難しかった〜

 

蜘蛛の糸 初段には敗退。

f:id:yaaatch:20170601104419j:image

なんかこう、モヤっとしたホールドを握りこんで乗り込んでいく動きがねえ、難しかった。

途中から山森さんも参戦。

よく分からないホールド持って上部に突入してた。スゴイ。

 

涼しければできるな、たぶん。

 

 

f:id:yaaatch:20170601103558j:image

奪衣婆2級

 

集合時間間際に奪衣婆2級を登って終了〜。

カチを繋いでジリジリ上がる〜

良い課題でした。

 

f:id:yaaatch:20170601103736j:image

奪衣婆登ってホンワカしているクラッチさん(本日良いところなし 笑)

 

 

そんなこんなでイベント終了

公開イベントという事でサーキットコンペが催されていたんだけど…

 

f:id:yaaatch:20170601104813j:image

2位でした☺︎

セッションして頂いた皆さんありがとうございました!

 

 

アプローチ良し。

下地良し。

焚き火良し。(キャンプ場内のみ)

温泉近し。

 

高難度課題は多くないけれど、一癖二癖ある課題たちが出迎えてくれる素晴らしいエリアでした。

沢山のクライマーから広く愛されるエリアになるといいですね。

 

山森さんをはじめ、ピラニアスタッフの皆さん、開拓に携わった皆さん方ありがとうございました。

 

 

 f:id:yaaatch:20170601110209j:image

 

今度はキャンプも絡めて遊びに来たいですね。

いつぶりだかわからない朝練

御岳 2017.5.23

 

先日、久しぶりのフィッツでの勤務で、

これまた久しぶりなクラッチさんに会い、

これまたまた久しぶりな朝練の話が出まして。

 

f:id:yaaatch:20170529101830j:image

6時到着。

 

駐車場に着いた時はひんやりしてて朝練日和だ〜とウキウキしていた訳ですが、

30分もすると日があがってきてあっつい。

 

そして何故かここに。

f:id:yaaatch:20170529102045j:image

 

まだギリギリ日陰。

因縁の苦手筆頭課題の鵜SD。

別名「きょじんゴロシ」

※そんな呼ばれ方はしてません

 

スタートのヒールムーブは以前より安定して出来るようになっていたが、

予想通りというか、やっぱりか〜というか、何というか…

 

できない!

 

f:id:yaaatch:20170529102739p:image

 

言い訳はしたくないのですが、狭いのよね。

穴会社と同じ感じですよ。

身体が収まらなくて吐き出されてしまう系。

 

 

途中、やせいの神尾さんが現れて参戦。

朝礼はじめまーす。

 

 

f:id:yaaatch:20170529103259p:image

はい!元気です! 

 

f:id:yaaatch:20170529103420p:image

はい!元気です!

 

 f:id:yaaatch:20170529103434p:image

はい!元気です!

 

みなさん元気があってよろしい。

敗退。

 

 

 

 

 

タナトフォビアの練習して朝練終了。

 

f:id:yaaatch:20170529103941p:image

この一手が苦手すぎる。

虫が多くてとても不快でした。

 

クラッチさんとの岩はゆるくて楽しい〜。

また一緒に行きまくれるといいなー。

いつもありがとうございます🖐

 

 

 

 

ではまた。

山火事注意

兜岩 2017.5.21

 

甲府にある兜岩にハジメマシテ。

メンバーはあいちゃん、サカモト夫妻。

 

この兜岩、以前クライマー原因による山火事が発生し登攀禁止になっていたそうです。

登山口の駐車場周りには、山火事注意を喚起するノボリや立て札が所狭しと並んでいました。

 

どのエリアでも喫煙者やガスバーナーを使う方は本当に気をつけてほしい。

 

 

 

軽登山なアプローチをこなしてたどり着いた兜岩。

程よいスケールで人も少なくて居心地よし。

この時期は少々虫が多いのが難点だが、木陰になっている為そこまで暑くなく快適にクライミングができました。

 

はじめの一歩/5.10aでウォーミングアップ。

こちらは余裕のRP

f:id:yaaatch:20170526233628j:image

あいちゃんも余裕です。

 

続いてお隣の祝退職/5.11b

おっと、さっそく自己最高グレードにアタックです。

3ピン目まではホールドの掛かりが良いので問題なし、その先が突然掛かりが甘くなりガン保持して何とか上部まで。

 

終了点近辺のライン取りをしくじり、謎のスローパーを叩きまくった挙句クリップ出来ずにフォール。

f:id:yaaatch:20170526234122p:image

オンサイトならずでしたが、2便目で登れました。

上部やや右寄りにある大レストポイントを使って良いのかは謎。

 

あいちゃんも続き、サカモトさんはテンション入りながらでしたがとりあえず終了点まで。

あいちゃんまじツヨイ。

 

 

しばしレストを挟み、火山5.11cをトライ。

f:id:yaaatch:20170526234918p:image

下部のやわかぶり地帯を抜けて、左カンテ右クラックでバランスを取りながら高度を上げる。

終了点直下で帽子が枝に引っかかり落とされるとこでしたが何とか耐えてオンサイト。

 

RP&OSグレード更新👍

やりました〜

 

f:id:yaaatch:20170526234745j:image

f:id:yaaatch:20170526234757j:image

サカモトさんとあいちゃんは下部を突破出来ず。

 

どのラインもしっかりレスト出来る場所があったのがよかった。

なにせリードトレをしてないからスタミナがないんですよ、ええ。

 

 

 

f:id:yaaatch:20170526235131j:image

サカモトさんが懸垂下降のレクチャーしてくれて練習しました。

また一つレベルアップ。

でも前教えてもらった終了点の結び替えはやんわりとしか覚えてないからレベルダウン。

サカモトさんまた教えてー!

 

 

 

 

アプローチ道の脇にあるボルダーが気になりながら下山。

もう登られてるのかな

調べてみよ。

 

 

f:id:yaaatch:20170527002433j:image

あいすまんじゅうウマウマ。

 

東京帰ってきて安定の味ん味んでお肉食べてフィニッシュ!

今日もよく登り、よく食べた良き1日でした。

 

 

 

 

ではでは。

謎は深まるばかり

SSK 2017.5.16

 

2日目

車中泊でもぐっすりと眠り、5時半頃お目覚め。

 

おがちゃんの到着が7時半頃との事なので朝活しにエリアへ向かう。

 

f:id:yaaatch:20170520210731j:image

f:id:yaaatch:20170520210741j:image

今日も新緑が気持ち良い。

 

 

前回間違えて違う岩を登ってしまったウーマンフロムトーキョーまで駆け上がる。

到着した頃には汗だくです。

 

f:id:yaaatch:20170520211022p:image

リップからスラブ面にあるポケットまでデットするだけの課題。

スタンスが決まらず、手を出しては足が切れて届かないというのを3度ほど繰り返した所で、良い粒足を発見し完登。

 

ポケットというよりはガバでした。

気持ちよく移動〜。

 

 

 

さらにエリア上部へと上がりナルコレプシー

 

f:id:yaaatch:20170523120621p:image

こちらはFlash

しばにぃが右に左に足振ってたな〜などと思い出しながら、ムーブを起こした。

 

 

ナルコレプシーを登り終えたところでおがちゃんとの待ち合わせの時間が近づいている事に気付き、猛ダッシュで下山。

 

駐車場までノンストップ!

到着した頃にはガックガクです。

 

おがちゃんと合流し、もう一度登山。

 

….もう疲れた。笑

朝活するんじゃなかった 笑

 

 

 

f:id:yaaatch:20170523125043p:image

幻獣ガタゴンをサクッと退治してもらって、本日のメインアトラクションである大ハングへ。

 

まずはスタンドスタートの1級パートから。

掛かりの良いガバから踏みにくい足で出す遠い一手。

予想通り苦手な動き。

 

というか、相変わらず粒足を拾うのが下手過ぎる。

傾斜があるとなおさら〜

だけども、何度か出してたら2人とも止まった。

 

f:id:yaaatch:20170523125311p:image

気持ちいい。

ただただ思い切り出したら止まった。

 

 

続いてSDから。

初手は、まあ大丈夫。

問題は2手目、すなわちスタンドスタートへの合流の1手ですね。

こちらは全然大丈夫じゃない。

 

かき込む力が足りないようで2手目を出した瞬間に左足が切れてしまいます。

触れてはいるけど止まる感じでは無い。

 

しまいには手を出し損ねてマット外に吹き飛び骨盤強打。

お尻割れなくて良かった…

あ、お尻は元から割れてるや。

 

おがちゃんは…

 

f:id:yaaatch:20170523130425p:image

2手目を止めたトライでそのまま完登。

まじつえー。

お見事でした!!

 

その後、花崗岩連登2日目で皮の薄い指ではそんなに便数が出せず、あえなく敗退。

またフレッシュな時に再トライしに来よう。

 

Mr.Boo、牙王と回り赤不動。

こいつが面白かった!

まずスタートが悪い。

下地は整備されてるけど、少し転がると崖なので恐怖しかない。

 

f:id:yaaatch:20170523130956p:image

恐る恐るヒール。

このヒールもコツが必要で、アキレス腱まわりがズタズタになりました。

 

一度ルーフ内に入り、また出て来る感じのラインで、ヒールとトゥをうまく使いながらムーブを起こします。

左リップを取る際に一度ヒールを解除しなくてはいけないのですがそこが悪く、ただヒールを解除するだけだとフラレに耐えれない。

 

おがちゃんは早い段階でトゥにする事で解決。

さすがや。

僕はギリギリまでヒールで、ズリズリ足ずらしたらなんか奇跡的にトゥに切り替わってそのまま登れた 笑

 

f:id:yaaatch:20170523131613p:image

三ツ星!☆☆☆

 

 

山を下りながら色々触って、最後はたきちハング。

f:id:yaaatch:20170523132009p:image

小ぶりながら傾斜がキツくて強度が高め。

ヨレた身体にはキツい

 

バラしたものの繋げられずでした。

宿題増えまくり😟

 

 

おがちゃんはというと、なんと全勝。

触った課題全て登るというね。

強すぎやでしかし!

 

初段×4、初二段×1、二段×2、二/三段×1だったかなたしか。

成果の出し方がエグすぎる。

 

強すぎやでしかし!

また登ろう!

 

 

 

 

おがちゃんが「もうすぐ通算200段なんだ〜」などと話しとったので、帰宅してから今まで何本登ったのか数えてみた。

 

集計結果↓

初段 101
初/二段 5
二段 31
二/三段 2
三段 7

196段

 

196?!

初段101本(゚ω゚)

二段は意外と少ない…

 

二段が初段の倍の価値がある訳ではないし合計の段数とか気にした事なかったんだけど、

ライミングを始めて4年と少し、こうして数字にしてみるとコツコツ積み重ねてきたものが見えて素直に嬉しいですね。

 

でも嬉しい反面、複雑な気持ちでもある。

いつだか小山田さんがブログで「そのグレードを理解するには50本くらい登らないと分からない」てな雰囲気な事を言っていたけど(細かい文脈は曖昧)、100本初段を登っても全くもって理解できない。

 

むしろどんどん分からなくなる。

ホールドやムーブの得意不得意や、気候や気温・岩質でも感じ方が全く変わって来るし。

 

1トライで登れるものもあれば、

3年間敗退し続けてるものもある。

 

謎は深まるばかり。

 

ライミングの楽しさを共有するためのシステムが、それ自体が弊害となって純粋に楽しめないものにならないと良いのだけど。

 

ジムでセットをしても、

甘くても文句を言われ、

辛くても文句を言われ、

適正かなという課題は概ねノーコメントだ。

 

やり甲斐あるわー笑

 

課題が生まれた背景や初登者の想いがもっともっと発信されるといいのかなあ。

数字じゃなく、ラインの内容を楽しめるクライマーが増えると良いですね。

自分はそうありたい。

 

 

 

ではまた。

全力中年

小川山 2017.5.15

 

久しぶりに連休取って二日連続で岩。

 

日曜の営業終了後にアルバイトの面接をし、

質問は下手だし、話を引き出すのが本当に下手だなあと反省しながら一路小川山へ。

下道でえっちらほっちらひた走り、日が変わった頃に川上村到着。

 

車中泊を決め込む。

 

グーグー(´-`).。oO

 

 

ぐっすり眠って、眠い目をこすりながらヴィクターへ。

 

f:id:yaaatch:20170519105039j:image

早朝の涼しい時間帯にとランペイジを触るも、アップの終わっていない身体ではまるで出来ない。

そうだった、そんなPOPな課題では無かった。

以後気をつけよう。

 

 

しばにぃが到着したので合流し、ヴィクター裏面へ。

 

f:id:yaaatch:20170519105330j:image

今日も、しばじぃの朝はラジオ体操から始まる。

この前のSSKで一緒になってラジオ体操やってみたら、肩ぶん回しすぎてダル重くなった。

ラジオ体操恐るべし。

 

 

f:id:yaaatch:20170519105527j:image

逆モファットトラバースが惜しい感じのしばにぃは、繋げてくるとライダーキックの精度が落ちるらしい。

ミウラーにトゥラバー貼ったらピタッと来そうだけど。

 

 

次は西俣沢を渡って烏帽子岩アプローチボルダーに行く。

沢の中には入りたくないので、岩を飛ぶ。

 

f:id:yaaatch:20170519110949p:image

全力中年

 

 

f:id:yaaatch:20170519111519p:image

この喜び様である。

 

 

 

さて、アプローチボルダーには流星という初段がある。

いつだかのロクスノにトポが載っていて、2年前くらいに一度訪れたことがある。

その時は別ラインの濁流/1級すら登れず、いそいそと逃げ帰ったのであった。

 

今日はアップも済んでいるので流星から。

1手ごとにムーブを確認しては落ちてを繰り返し、何とかムーブをバラせた。

が、手数が多くフックを多用するのでヨレる。

 

ホールドが沢山あるので色々なムーブが出来そう。

実際にしばにぃは僕と全然違うムーブを構築していた。

 

f:id:yaaatch:20170519112142p:image

何とかゲット。

ムーブを作るのが面白い良い課題でした。

 

 

八月で膝を強打し、

黄泉にササッとご挨拶をして雨月へ。

 

雨月。

(あめつき?うづき?読み方わからない。)

悪名高い小川山・月シリーズの一つ。

 

左カンテのホールドの持ち方がさっぱり分からない。

スタートにがっつりヒールを掛けて身体をヨイショヨイショと引き上げて行くようなのだが。

 

f:id:yaaatch:20170519112759p:image

色々試していたらリップタッチまで進んだ。

徐々にムーブに慣れてきたものの、皮が裂けてテーピングぐるぐる巻きの指では持ちきれず決めきれず。

 

惜しかった〜。

 

 

昼頃から雨が降ったりやんだりだったものの1日遊べて良かった良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yaaatch:20170519113228j:image

ほったらかし温泉行って、車中泊ふたたび。

 

2日目に続く。

 

 

 

 

ではまた。

TANAKA

御岳 2017.5.12

 

仕事前にふらっと御岳へ。

早朝から行くつもりが寝坊したので10時頃到着。

 

あっつい〜。

 

駐車場でズミさんとたまたま遭遇し、一緒にロッキーボルダーへ。

既に人がたくさん。

 

 

たんばさんがイントーキョーを触っていたので混ぜてもらうも、進展なし。

こういう時ばっかりは小さくなりたいと願うわけです。

 

 

早々に見切りをつけて移動。

 

f:id:yaaatch:20170515094019j:image

田中さんこんにちは。

 

核心はリップ取りとその先との事で、ワクワクして取り付くも、なんと一手目から出来ない。

 

たんばさんは左足セットで左手出ししているのだけど、どうにも狭くて離陸するのでやっと。

何度か試してみるもまるで出来ない。

 

 

仕方なく深くて向きの悪い右足セットで右手出しを試みたら止まった。

 

その後のパートで何度か苦戦しつつリップまで到達。

 

f:id:yaaatch:20170515094351p:image

 

ヌルヌル。

余裕で死ねる。

戦略的撤退を決め込みました。

 

 

 

涼しくなったらまた来よ〜

 

 

ではでは。

とある岩場

SSK 2017.5.9

 

とある岩場…

と言ってみたかっただけ。

 

山梨某所の有名なボルダーへ行ってきた。

色々な人のブログやyoutubeに情報は山ほどあるので伏せる意味は無いような気もするが。

 

 

八王子でズミさんと合流して一路山梨へ。

1時間半ほどで到着。

近い😮

f:id:yaaatch:20170513003536j:image

写真ではまるで伝わらないが、ここは中国か?!というような岩壁が広がっていてテンションが上がる。

 

紅葉のシーズンには観光客で賑わうんだとか。

という事は、クライマーはその時期は避けないといかんという事ですね。

県営の無料駐車場に車を停めて岩場へと向かうわけで、ただでさえクライマーは駐車時間が長いので、限られた駐車場を占拠してしまっては観光客や地域の方への迷惑になってしまう事は容易に想像できます。

 

 

f:id:yaaatch:20170513205432j:image

新緑がとても気持ち良い。

 

f:id:yaaatch:20170513222445j:image

駐車場から10分ほど歩いたところで第一の岩発見。

パスウェイという初段。

 

SSKの岩質は小川山・瑞牆と同じ花崗岩

しかしながら同じ花崗岩でも、粒が大きくて粗い!

刺さって痛い〜 

 

前回の小川山でのスラブでソールが穴開きそうになっていたのを忘れてて、かなり踏み負ける。

これでもかってくらい指を奥まで突っ込みギュンギュンにして履いたら登れた。

 

f:id:yaaatch:20170513223329p:image

危なかったぜ。

 

 

 

しばにぃも合流したので少し移動〜

次はなまはげという初段のマントル課題

マントル課題にしてはホールドがしっかりとある

 

初手は左出しかな〜右出しかな〜と少し悩んだものの、

右出ししたら登れた。

f:id:yaaatch:20170513223900p:image

 

 

2人がハマっている間に岩探し。

なまはげまでは楽々なアプローチで少し油断していたのだけど、

ここから先はプチ登山でした。

空荷で歩いても結構疲れた。

 

 

f:id:yaaatch:20170513224044j:image

デカい。

ゆうに15mはありそう。

 

f:id:yaaatch:20170513224125j:image

デカい。

SASUKEのそり立つ壁的な。

 

f:id:yaaatch:20170513224149j:image

デカい。

ナナメクラック2級らしい

 

 

戻ったらしばにぃがなまはげ退治に成功していたので移動し、幻獣ガタゴン。

 

f:id:yaaatch:20170513224721j:image

幻獣ガタゴン 初段

手に足ヒールスタートがユニークで楽しい。

ホールドの掛かりが良くて、Flash

 

しばにぃも続き、ズミさんも気合の入った良い登りを見せて3人仲良く完登。

 

 

 

f:id:yaaatch:20170513225110j:image

ドン!

これこれ。

大ハング 二/三段

SSK的メインディッシュな訳ですが、

今日は初訪問で色々触りたいのでスルー。

また来るよ〜

 

大ハングのすぐ下のSSKレイバックを触るも初手も取れずに敗退し、牙王に移動。

 

f:id:yaaatch:20170513225537p:image

牙王 初段

こちらはflash

 

ズミさんがローリングサンダー的なバックドロップ的なフォールをしたという噂。

 

 

f:id:yaaatch:20170513230032p:image

行者返し 初二段

 

リップがナルすぎてムーブ起こせず敗退。

ここからスタートしてよ〜的なガバ棚からだとスタート出来ず、写真の感じでスタートしたのですが、どうなんでしょ。

知ってる人いたら教えてください〜

 

 

 

〆にスイスイトラバース。

 

f:id:yaaatch:20170513230619p:image

スイスイトラバース 初段

 

スタートが拷問的に狭かったものの、

気合いで離陸!🛫

抜け口が倒木で塞がれていたので少し手前でマントル返して完登。

まあ、いいよね。

 

 

 

初段課題中心に触った1日でしたがどの課題も面白かった〜

岩のスケールも申し分なし。

しばらく遊べそうな感じ!

また来よ〜

 

しばにぃ、ズミさんありがとうございました。

 

 

 

f:id:yaaatch:20170513230916j:image

前々から気になってた男の厨房。

とても普通でした。

 

 

 

 

ではでは。

スラブの逆襲

小川山 2017.5.3

 

桜の季節が来たなあと思ったのも束の間、あっという間に初夏の陽気が続いていますね。

ボサッとしていたらあっという間に春シーズンが終わってしまいそうです。

 

しかしながら、たとえ夏でも岩に行く僕にとってはシーズンなんぞはあまり関係ないと言えば関係ないですが。

 

真冬は弾くし、裂けるし、良い事なし。

 

 

 

GWは1日だけお休みを取って小川山へ行って来ました。

渋滞にビビって3時半に家を出発したところ、ほとんど混雑もなく廻り目平にIN!

 

今日は坂本さん達フィッツメンバーと一緒にリードをする手筈になっていたのですが、予想通り渋滞に巻き込まれて到着が遅れるとのこと。

なので、みんなが到着するまであいたまとウォーミングアップがてらボルダー。

 

ラブリートラバースは全然ラブリーじゃなく、

朝から八日目の蝉の如くひっくり返りまくった。

 中間部が悶絶するくらい狭い。

f:id:yaaatch:20170507003822p:image

 

あいたまに先を越されつつ、なんとか完登。

狭いけど頑張りました。

 

 

ラブリートラバースを片付けクジラ岩方面へ。

 

…大混雑。

クジラ岩は言わずもがな、ドンキーあたりも、スパイヤーのスラブあたりも人人人。

 

f:id:yaaatch:20170507004255j:image

古屋さんや室伏さんに久々に会えた!

 

適当にスラブで遊んだところで、坂本さん達と合流。

10時ごろの駐車場はパンッパンでした。

GWは凄いのう〜

 

 

 

 

ソラマメスラブ方面に移動!

小川山初リードです。

ドキドキ。

 

途中石の魂で樋口夫妻に会えた〜!

お二人とも元気そうでなによりです

 

 

 

f:id:yaaatch:20170507004543j:image

 

三色あられ 5.10aをマスターオンサイト。

最終ピンの先の抜けがシビれた〜。

少し左に逃げるととても簡単なので、やや右寄りにトップアウトしたのですが、

甘いスローパーを保持しての立ち込みがスリリングでした。

グレーディング的には左にラインをとっていいのかもしれない。

 

 

みんながひと通り登ったところで、スラブの逆襲5.11b。

坂本さんが2年前に触って登れなかったそうな。

TRでムーブを探って何とか完登出来ました。

 

f:id:yaaatch:20170507005030j:image

高度感のあるスラブルートで達成感が凄まじかったです。

クリップポイントが割と安定してたので、よい練習になりました。

 

祝!グレード更新。

5.11a→5.11b。

 

核心がハッキリしているので、誰でも取付きやすいルートという印象。

 

f:id:yaaatch:20170507005625j:image

惜しかった坂本さん。

 

僕の完登に続いて、あいたま・たっちゃんも完登。

大ちゃんは震度6程度の地震に右足が襲われててめちゃくちゃ笑った。

 

 

今まで外リードは湯河原幕岩でしかやった事がなかった訳ですが、

やはり花崗岩はいいですねー。

スタンスは踏みやすいし、フリクションで抑え込みやすい。

 

今回はパイセンの要望?でTRからだったけど、オンサイトトライもしくはフラッシュトライを大事にしていきたいですね

ムーブの読みや対応能力を上げるために。

 

 

 

満足感を得て下山。

 

帰り際に石の魂でタマキさんと遭遇。

黄泉を触っているそうな。

相変わらずお美しい…そして強い。

密かに応援しているクライマーさんのひとりで、まあ、ただのファンです。

 

 

 

最後に少し時間をもらって、ランペイジの練習して終了。

f:id:yaaatch:20170507102223p:image

 

んー、狭くて左足にしっかり荷重をかけれないんですよねー。

左がしっかり踏めればもっとリップ出しが楽になると思うんだけど。

 

左手で取る初手のアンダーはやっと手前のを取る事が出来たし、

だいぶ良いポジションに入れるようになってきました。

楽しくなってきたー

 

 

あいたまはサブウェイをちゃちゃーっとムーブ作って登ってた。

最近ほんと強いなキミ。

(翌日、翌々日と登って、ギガント・流れの中に・達筆などなど登ったらしい〜、強っ。)

 

どんどん背後に迫ってきている!

うかうかしてられない 笑

 

 

 

 

 

 

アプローチとスラブにやられたみたいで、

翌日は足腰がガタガタでした。

 

 

f:id:yaaatch:20170507142726j:image

最近、横乳が発達しています。

 

ではでは。

交代要員

御岳 2017.5.1

 

あいたまと仕事前に朝御岳。

何と途中からあいたまが運転をしてくれました。

フォレスターでかなり緊張していたものの、意外と運転が上手。

基本的に右寄りだったけど 笑

 

f:id:yaaatch:20170504211831j:image

無事到着。

運転交代してもらえるようになったら、遠出するときすごく助かるわー

最近運転すると腰が痛いの

 

 

 

日陰で快適に過ごせそうなデッドエンドへ。

まだ登っていなかったのでデッドエンド横断を登り、御岳ジャンプでぴょんぴょん。

上手に飛び出せません。

 

勅使河原美加の半生の初手からリップへのランジでぴょんぴょん。

こちらも上手に飛び出せません。

 

そうです。

ランジは苦手です。

 

 

 

そうこうしているうちにあいたまはデッドエンドのムーブを進めている

左ハイステップでの取り込みは全然しっくりこないようだ

しっくりこないどころか全然乗り込めてない

 

そういえば!と思い出して、萌さんのムーブを教えてあげたら一発でガバカチを捉えた。

そのトライでは足が滑って落ちてしまったけど、その後すぐ登れた!

 

f:id:yaaatch:20170504222343j:image

デッドエンド完登〜!

おめでとう🎉

最近のあいたまつえーーーー

 

萌さんありがとう〜

 

 

 

 

雨がぱらついてきたので終了。

KJ in MITAKE

御岳 2017.4.28

 

印西時代から行こう行こうと言いつつ中々実現することのなかったケンジさんとの外岩。

熱烈なラブコールの末、遂に実現。

 

f:id:yaaatch:20170501133231j:image

KJ in MITAKE!

 

 

 

まずはロッキーボルダーから。

日向は夏のように暑いものの、日陰のロッキーボルダーはまだ快適に過ごせます。

 

ケンジさんが遼をトライしている間、前々から気になっていたエゴイストから遼にリンクするラインを触りました。

 

遼エゴイストがあるくらいなので、エゴイスト遼も有りですよね?

まあ、既に誰かしら登っているラインだと思いますので気負わず楽しむ。

 

 

 

瑞牆→課題作り→セット→御岳とかなりヨレ気味なので、のんびり楽しみます。

 

エゴイストパートをカチなしverでやると、スローパーから下るムーブがちょっと難しい。

 

f:id:yaaatch:20170501133807p:image

カチverでやったらすぐ登れた。

遼よりちょっとだけ簡単な感じ。

ただ、足送りが遠いので、二段くらいなのかな

 

今度はカチなしのスローパーからムーブでやってみようと思います。

 

 

f:id:yaaatch:20170501134016j:image

遼をトライ中のKJ

 

1手進めるごとに、律儀に降りてくるKJ

慎重過ぎる 笑

 

それでも安定感のあるムーブで上部の縦カチ取って乗込みまでいってた

そしてホールド迷子。

ホールドの場所は確認をしておきましょうね。

 

次回登れそう〜、がんば!

 

 

現地でお会いしたマツバラさん御一行がギャグ性能が高めな方達過ぎて、腹筋痛い 笑

賑やかで楽しめました!

 

 

 

移動してお久しぶりのコイツ。

f:id:yaaatch:20170501134521j:image

 

ずーっと放置していたタナトフォビアにトライ。

KJはネクロ。

 

以前バラしたはずのネクロ合流までのムーブ…

 

 

……

 

………!?

 

完全に忘れているー

ので、ムーブ作り直し。

 

ムーブはすぐ出来たけど、強度に耐えれない訳で。

ルーフ性能の低さは相変わらずです。

困ったもんだ。

 

 

気温の高いこれからの季節はタナト集中トライしよ。

 

 

 

 

涼しくなってきた頃に忍者岩移動。

相変わらず虫は出来ないので、蜥蜴の下部パート練習して終了。

 

今年の御岳は、

タナトフォビア、蜥蜴の二本立てて頑張ります!

 

 

 

 

ケンジさんまた岩行きましょ〜🖐